壮年性脱毛症の治し方と治療方法!40代からの薄毛対策!

sounenseidatumoushounaosu22-1

壮年性脱毛症によって髪が少なくなって薄毛になり始めてきてしまったのを治していく治し方や治療方法はどうしていけばいいのか

40歳近くになって、急に薄毛の症状が出始めてきている時は、壮年性脱毛症に注意しなくてはいけません

そこで、壮年性脱毛症の症状を改善して治していくのに効果ある治し方や治療方法は何か

40代からの薄毛対策は、いったいどんなケア対策が必要になってくるのかについて書いていきます。

薄毛が進行してしまいハゲてしまうのをしっかりと予防していきたいですからね。

スポンサーリンク

壮年性脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)

40歳近くになってから、急に薄毛の症状が出始めてきてしまった時は、壮年性脱毛症という脱毛症に注意しなくてはいけません

壮年性脱毛症とは、男性型脱毛症(AGA)と言われる脱毛症の種類で、30代後半から40代にかけて急に薄毛の症状が出始めてきてしまいます。

男性型脱毛症(AGA)と症状は同じで

前髪や髪の生え際の髪が少なくなって薄くなる
頭頂部の髪が少なくなって薄くなる

などが大きな特徴です。

壮年性脱毛症の原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と言われる髪の成長を止めてしまう男性ホルモンが作り出されて起こってしまいます。

ジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭にくっついて、髪を育てていく成長期が物凄く短くなってしまいヘアサイクルの乱れが発生してしまいます。

そのヘアサイクルが乱れてしまうことによって、成長できない伸びない髪が大量に増えてしまい抜け毛や薄毛も増えて薄毛が多くなってしまいます。

壮年性脱毛症の症状や原因などについてはコチラの記事にも書いてあります。

30代後半から薄毛になる壮年期脱毛症とは!

ジヒドロテストステロン(DHT)が多くなる原因

ジヒドロテストステロン(DHT)は、普通に分泌されるテストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素がくっついた時に作り出されてしまいます。

このテストステロンと5αリダクターゼが多く分泌されてしまい、くっついてしまうことによってジヒドロテストステロン(DHT)が多く作り出されていってしまいます。

テストステロンという男性ホルモンは、骨や筋肉などを作っていったりなどするのにとても重要な男性ホルモンで誰でも普通に分泌されます。

しかし、5αリダクターゼという酵素は、遺伝によって分泌される量が違っていて多く分泌される人と分泌量が少ない人がいます。

そして、分泌量が増えてくるタイミングも人によって違っていて、30代後半にかけて一気に分泌量が増えてしまうことも多いです。

男性型脱毛症(AGA)で薄毛になっていってしまう仕組みや5αリダクターゼとは何かなどについてはコチラの記事に書いてあります。

男性型脱毛症とは5αリダクターゼとは!

40代から急に薄毛が目立つヘアサイクルの乱れの原因

壮年性脱毛症の大きな原因になってしまっているのが、ジヒドロテストステロン(DHT)が大量に発生してしまうっていうことについてはわかってもらえたと思います。

しかし、このジヒドロテストステロン(DHT)だけがヘアサイクルを乱してしまうのではなくて、頭皮の血行不良も原因になっています。

30歳後半から40代にかけては一番の働き盛りの年齢です。

この働き盛りが原因になってしまっていて

ストレスが増えてしまう
疲れが溜まってしまう
睡眠不足が増えてしまう

などのことから頭皮の状態が悪くなってしまい頭皮の血行が悪くなってしまいます。

頭皮の血行不良によって髪を育てていく為の栄養が上手く届かなくなってしまい髪の栄養不足になってそれがヘアサイクルを乱していってしまいます。

この

ジヒドロテストステロン(DHT)
頭皮の血行不良

の2つのことが大きな原因となってしまって、ヘアサイクルの乱れを起こしてしまい壮年性脱毛症の症状が酷くなっていってしまい薄毛が目立つようになってきてしまいます。

スポンサーリンク

壮年性脱毛症の治し方は育毛剤かAGAクリニック治療

40歳近くになって、急に髪の毛が多く抜け始めてきた、髪が細くなり少なく薄毛が目立つようになってしまう壮年性脱毛症の原因についてはわかってもらえたと思います。

そこで、壮年性脱毛症の症状を抑えて原因を改善していき治していく治し方は

ジヒドロテストステロン(DHT)の分泌量を抑えていくこと
頭皮の血行を良くしていくこと

この2つのことが重要なカギになってきます。

その治し方や治療方法としては

育毛剤を使っていくこと
AGAクリニックに通って治療していくこと

の2つです。

頭皮の血行不良は、生活習慣の改善や頭皮マッサージなどで、ある程度は改善していくことができますが

ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出してしまう5αリダクターゼの分泌量を抑えていくには、生活習慣の改善などの対策だけでは抑えていくことができません

なので、育毛剤に含まれている5αリダクターゼの分泌を抑えていく成分を直接頭皮に浸透させていったり

AGAクリニックなど薄毛専門の病院でしっかりと治療していかなくてはいけません

壮年性脱毛症で一番効果がある治療方法はAGAクリニック

壮年性脱毛症を改善して治していくのに、一番効果がある治療方法はAGAクリニックに通って治療をしていくことです。

専門の医師に診断してもらってフィナステリドやミノキシジルなどを処方してもらって治療をしていきます。

フィナステリドは、5αリダクターゼを抑えていってくれる薬です。

ミノキシジルは、血管を拡張して血液の流れを良くしていってくれる薬です。

後は、頭皮の血行を良くしていく為に注射や施術など、それぞれのAGAクリニックの専門の治療をして壮年性脱毛症を治していきます。

フィナステリドもミノキシジルも医薬品なので、しっかりと原因を改善して治していくことができるのです。

しかし、医薬品を使っているので、壮年性脱毛症を治していくだけではなくて多毛症などの色々な副作用の症状が起こってしまうこともあるので注意しなくてはいけません

それと、治療費も保険適用外になってしまうので、かなり高くかかってしまいます。

AGAクリニックで治療する時に注意したい副作用などについてはコチラの記事に書いてあります。

壮年性脱毛症治療で注意したい副作用!

AGAクリニックで治療する時の治療費や費用などの目安についてはコチラの記事に書いてあります。

壮年性脱毛症を治していく時の費用を比較!

壮年性脱毛症で育毛剤を使った改善対策がおすすめの理由

壮年性脱毛症を治していくのに一番効果がある治療方法は、AGAクリニックに通って治療していくことについてはわかってもらえたと思います。

しかし、副作用の心配だったり高い費用などが心配だったりしてしまいます。

そこで、壮年性脱毛症を治していく改善していく対策方法で、おすすめなのが育毛剤を使っていくケア対策方法です。

育毛剤に含まれているオウゴンエキスチョウジエキスヒオウギ抽出液などの成分が5αリダクターゼの分泌量を抑えていってくれます。

そして、センブリエキスジフェンヒドラミン海藻エキスなどの成分が頭皮の血行を良くしていってくれます。

育毛剤に含まれている成分は、天然成分で作られているので医薬品とは違い副作用の心配も少ないので安心して毎日使っていくことができます。

更に、毎月かかる費用もAGAクリニックとは違い育毛剤の種類によっても値段に違いがありますが、1万円前後です。

しかも自宅で簡単に、育毛剤を頭皮につけていき頭皮マッサージをしていくだけという、忙しい人でも毎日欠かさずに使用していくことができます。

壮年性脱毛症を治していくのに育毛剤とAGAクリニック、どっちが自分にはあっているのかな?

って悩んでいる人はコチラの記事に、それぞれのメリットやデメリットなどが書いてあります。

育毛剤とAGAクリニックのメリットとデメリット!

数多くある育毛剤の中で、ジヒドロテストステロン(DHT)や頭皮の血行を良くしていく成分を多く含んでいて、頭皮トラブルを治していき薄毛を改善していくのにおすすめの育毛剤についてはコチラに書いてあります。

chapkitaibotan3-3

40代から始める薄毛対策のケアのやり方

壮年性脱毛症を治していくには、育毛剤やAGAクリニックで、原因となっているジヒドロテストステロン(DHT)をしっかりと抑えていくことが、大事ということについてはわかってもらえたと思います。

そして、どちらの対策方法も頭皮の血行不良も改善して頭皮の血行を良くしていってくれます。

しかし、40代から始める薄毛対策は、それだけじゃなくて頭皮の血行不良の原因となってしまっている生活習慣の見直しや改善も重要なポイントになってきます。

そこで、特に壮年性脱毛症の症状が出始めてきてしまう40代からの薄毛対策として

ストレスを溜め込まないこと
しっかりと睡眠をとること
食生活の改善

まずは、この3つのケア対策もしっかりと毎日の生活の中で注意して行っていくようにしてください。

ストレスを溜め込まないケア対策

ストレスを溜め込まないケア対策っていうのは、疲れからくる肉体的ストレスや悩みや不安などからくる精神的ストレスなど全てのストレスです。

肉体的ストレスを溜め込まないようにしていく簡単なケア対策方法としては

毎日ゆっくりとお風呂に入る
ぐっすりと寝る

などです。

薄毛対策におすすめの入浴方法としては、湯船に15~20分はゆっくりと入って汗をかいたり、していくようにしてください。

頭皮や髪の状態を良くしていく薄毛対策に効果ある入浴方法や髪の洗い方などについてはコチラの記事に書いてあります。

薄毛の原因を減らす効果ある入浴の仕方!

精神的ストレスを溜め込まないようにしていく簡単なケア対策方法としては

適度に運動して気持ちをリフレッシュ
自分がリラックスできる時間を作る

などです。

薄毛対策におすすめの適度な無理のないおすすめのやり方や有酸素運動などについてはコチラの記事に書いてあります。

薄毛を減らすには適度な運動が効果ある!

しっかりと睡眠をとるケア対策

しっかりと睡眠をとるケア対策としては、毎日最低でも6時間はぐっすりと熟睡して寝ていくようにしてください。

寝る事によって、睡眠中に分泌される成長ホルモンが頭皮や髪の疲れやダメージをしっかりと修復して正常な状態に戻していってくれます。

薄毛対策に効果あるおすすめの睡眠時間などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

薄毛を減らす効果ある睡眠方法!

食生活の改善ケア対策

食生活の改善ケア対策としては、仕事が忙しくてもまずは、朝昼晩としっかりと食べることです。

そして、偏った好きな物ばかり食べずに肉類や魚類や野菜などバランスよく食べていくようにしてください。

そのバランスの取れた食事の中に、頭皮の血行を良くしてくれる海藻類大豆類なども意識して食べていくようにしてください。

頭皮の血行を良くしてくれるおすすめの食べ物や飲み物についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

血液の流れを良くする効果ある食べ物と飲み物!

そして、細くなってしまった髪を太くしていくのに効果ある食べ物についてはコチラの記事に書いてあります。

薄毛改善に効果ある髪を太くする食べ物!

まとめ

壮年性脱毛症の治し方や治療方法!40代からの薄毛対策について書いていきました。

壮年性脱毛症は男性型脱毛症(AGA)の種類で、30代後半から40代にかけて髪が細くなり薄毛の症状が出始めてしまう脱毛症です。

そんな壮年性脱毛症の症状を治していくには

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑える対策
頭皮の血行を良くする対策

が重要になってきます。

その為に、育毛剤を使っていく治し方かAGAクリニックに通って治療していくことでジヒドロテストステロン(DHT)を抑えていかなくてはいけません

そして、頭皮の血行不良の原因となってしまっている生活習慣の見直しポイントとして

ストレスを溜め込まない
しっかりと睡眠をとっていく
食生活の改善

などをしっかりと行っていくようにしてください。

40代の男性で抜け毛が多くなってきた時に注意してほしい大きな原因などについてはコチラの記事に書いてあります。

40代の男性に多い抜け毛が止まらない原因!

つむじハゲと普通のつむじとの見分け方やつむじハゲの原因として多いのを改善して治していく対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

つむじハゲを確認する方法と対策方法!

細く弱弱しくなってしまっている髪を以前のように太く丈夫にしていく為に大切なケア対策についてはコチラの記事に書いてあります。

細くなっていく髪を太く戻すケア対策方法!

スポンサーリンク

多くの種類がある育毛剤の中で、40代の薄毛改善対策に必要な成分を含んでいて効果ある育毛剤ランキングについてはコチラに書いてあります。

ikuouzaibestbotan8-1


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ