【抜け毛対策】頭皮や血行促進におすすめの入浴法はソルト風呂!

こんにちは、ライフです。

 

抜け毛対策や予防に欠かせないのが
お風呂に入って髪の毛や頭皮を綺麗
にする事です。

 

そんなお風呂ですが頭皮の汚れを
綺麗に落として血行促進してくれる
とてもおすすめな入浴法がソルト風呂です。

 

ソルト風呂の効果や頭皮におすすめ
の理由について書いていきます。

 

ソルト風呂の効果

furo3-2

 

一日の疲れをとるのに欠かせない
のがお風呂ですよね。

 

疲れきった身体をバスタブに入れた
瞬間にやってくるあの気持ちいい
開放感は最高です。

 

ストレス解消や疲労回復には
もってこいで特に半身浴をして
もらうと汗もたくさん出て頭皮の
毛穴も開いておすすめです。

スポンサーリンク

そんなお風呂の半身浴なのですが
もっとも効果のある入り方があって
それがソルト風呂です。

 

ソルト風呂の効果は

保湿効果
血行促進
疲労回復
頭皮の毛穴の開き
肩こり解消

 

このように半身浴と同じなのですが
半身浴よりも何倍もの効果があるのが
ソルト風呂です。

 

ソルトっていうことなので塩を入れた
お風呂なのですが、塩は水に溶けると
肌に浸透しやすくなり肌をコーティング
してくれます。

 

ということは身体の中の熱を外に
逃がしにくくなるので保湿効果が
長く続きます。

 

長く続くってことはそれだけ身体の
中が温かいので自然と血液の流れが
よくなってきます。

 

お風呂に入ると血液の流れが良くなる
のはこのためですね。

スポンサーリンク

それがより効果的に良くなるので
新陳代謝が良くなって身体の不純物
も汗と一緒に出してくれます。

 

当然頭皮にも血液が良く流れて
毛穴の開きが大きくなるので
その状態でシャンプーなどでしっかり
洗ってもらうと皮脂や汚れといった

 

毛穴のつまりも綺麗に取り除いて
くれます。

 

疲れやストレス解消になり
血行促進によって筋肉のコリも
解消されるので肩こりも治してくれます。

 

肩こりが良くなると頭皮のコリも
減少されるので頭皮が柔らかくなって
きますよね。

 

肩こりが原因で頭皮が硬くなって
しまう原因についてはコチラに書いて
あります。

肩こりが酷いと抜け毛が増える!

 

ソルト風呂の作り方と入り方

 

すごくないですか
このソルト風呂の効果は!

 

そこでソルト風呂の作り方なのですが
とても簡単に作って行く事ができます。

 

まずは半身浴出来る量のお湯を
約40度くらいのお湯の温度がベスト
ですね。

 

そのお湯の中に天然塩を約50g入れて
もらいます。

 

高価な天然塩の方がよりいいのですが
普通に市販されている天然塩で十分ですよ。

 

後はよく塩が溶けて交わるようにして
もらって入るだけなのですが
あまり長時間入ってしまうと逆に身体が
疲れてしまうので

 

入浴時間は20~30分が目安
入ってください。

スポンサーリンク

そうすると身体からも頭皮からも
たくさんの汗が出ているので
その状態でしっかりと髪の毛を洗って
綺麗にしてくださいね。

 

頭皮を綺麗に洗う洗い方については
コチラの記事に書いてあります。

頭皮を綺麗にする洗い方はコレ!

 

まとめ

 

【抜け毛対策】頭皮や血行促進に
おすすめの入浴法はソルト風呂
について書いていきました。

 

毎日しっかりと半身浴でお風呂に
入ってもらって疲れをとったり
頭皮や髪の毛を綺麗にしてもらうので
いいのですが

 

より効果が強くて頭皮や髪の毛
そして身体の疲れをとってくれる
血行促進におすすめなのがソルト風呂です。

 

毎日じゃなくてもいいのでたまに
疲れが酷い時などに気分転換も兼ねて
ソルト風呂の入浴法をやってみてください。

 

しっかりとお風呂に入って疲れをとった
後は寝て体を休める事です
髪の毛におすすめの寝る時間に
ついてはコチラの記事に

髪の毛にもっともいい寝る時間とは!

 

お風呂で効率よく汗をかいて
頭皮ケアをより効果的にしてくれる
方法についてはコチラの記事に
かいてあります。

たった2つの方法で頭皮ケアに効果!



気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ