効果ある育毛剤の選び方!髪を太くする抜け毛を止める成分!

koukaaruikuouzaiseibuneranikata17-1

効果ある育毛剤の選び方とは何が大事で必要なのか

それは

髪を太くしていくこと

抜け毛を止めていくこと

副作用の心配がないこと

この3つのことをしっかりとしていってくれることができるのが本当に効果ある育毛剤です。

そこで髪を太くする抜け毛を止める為に重要になってくる育毛剤に含まれているおすすめの成分は何なのか

数多くある育毛剤の中で効果ある育毛剤の選び方のポイントや成分の効果などについて書いていきます。

スポンサーリンク

効果ある育毛剤を選ぶ時に必要なポイントと成分

髪が少なくなり始めてきている状態を改善していくのに育毛剤を使っていきます。

しかし育毛剤も数多くの種類がありどれが自分にとって効果ある育毛剤なのかわからないので選ぶ時に物凄く悩んでしまいます。

そこで自分にとって効果ある育毛剤とはいったいどんな育毛剤なのかというと

細くなってきている髪をしっかりと太く育毛していってくれる育毛剤
抜け毛の原因をしっかりと改善して止めることができる育毛剤

これが使っていって効果ある育毛剤で

そして使っていて副作用の心配をしなくてもいいことですよね。

そこで育毛剤を選ぶ時に重要になってくるポイントが含まれている成分です。

髪を太く育毛させていくには頭皮の血行を良くしていく成分を含んでいなくてはいけないですし

髪を作り出していく毛母細胞を増やして活発にさせていかなくてはいけない

抜け毛の原因となってしまう炎症や乾燥そして硬化などの頭皮トラブルを改善していくこと

AGA(男性型脱毛症)による髪の成長を止めてしまう脱毛因子を減らしていくこと

これらの成分がしっかりと育毛剤に含まれていることです。

そこでこれらにおすすめの成分が

海藻エキス(M-034)
センブリエキス
ジフェンヒドラミン
グリチルリチン酸

などです。

海藻エキス(M-034)

頭皮の血行促進
毛母細胞を増やしてくれる
脱毛因子を減らしてくれる

センブリエキス

頭皮の血行促進
頭皮を保湿してくれる

ジフェンヒドラミン

頭皮の血行促進
抗炎症作用がある

グリチルリチン酸

抗炎症作用がある

これらの成分は医薬品とは違って使っていっても副作用の心配がなくそして育毛に効果があると認められている有効成分です。

これらの成分をしっかりと含んでいてしかもこれら以外にも副作用の心配がなく頭皮の血行を良くしていったり脱毛因子を作り出さないように抑制していってくれたり髪を太く育てていくのに効果のある成分を70種類含んでいるおすすめの育毛剤についてはコチラに書いてあります。

chapkitaibotan3-3

髪を太く育毛していく為に必要な成分

髪を太く育毛させていくのに必要になってくるのは

頭皮の血行を良くしていくこと
毛母細胞を増やして活発にさせていくこと

です。

頭皮の血行を良くしていくこと

髪の毛を太く育毛させていくには何といってもしっかりと栄養を与えていかなくてはいけません

その栄養を髪の毛に届けてくれるのが血液です。

なので血液の流れを良くしていくことつまり頭皮の血行を良くしていくことです。

栄養不足になってしまうと髪は細くなってしまい弱弱しくなって抜けやすい状態になってしまいますし

髪が細いことによってボリュームもなくなり髪のスカスカ感が増してしまい同じ髪の本数でも頭皮が見えやすくなってしまいます。

そこで頭皮の血行を良くしていく為に重要になってくるのは

海藻エキス(M-034)
センブリエキス
ジフェンヒドラミン

などの成分と

頭皮トラブルによって頭皮の状態が悪くなってしまい血行不良を起こしてしまっているのを改善していってくれる成分です。

それぞれの頭皮トラブルを改善していってくれる成分については下記に書いてあります。

頭皮の血行を良くしていってくれる成分の効果についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

頭皮の血液の循環を良くしていく成分!

毛母細胞を増やして活発にさせていくこと

髪の毛は血液から栄養素を受け取って育毛していきます。

その育毛させていく時に重要になってくるのが毛母細胞という細胞です。

毛母細胞は栄養素をもらうことによって細胞分裂を繰り返し行われます。

その細胞分裂によって髪が作られ太く成長して伸びていきます。

なので毛母細胞がしっかりと沢山あればあれほど髪は多く作り出されていきます。

毛母細胞は髪の毛の根っこの部分である毛球にある外毛根鞘細胞内で作り出されていきます。

その外毛根鞘細胞を増やしていってくれるのが海藻エキス(M-034)という成分です。

外毛根鞘細胞が増えることによって毛母細胞も多く増えていきます。

髪の毛が育毛されていく仕組みや流れなどはコチラの記事に書いてあります。

育毛と血行の大きな関係性!

スポンサーリンク

抜け毛を止める為に必要な成分

抜け毛を止める為には

AGA(男性型脱毛症)を抑制していくこと
ヘアサイクルを正常に戻していくこと

が重要になってきます。

AGA(男性型脱毛症)を抑制していく

AGA(男性型脱毛症)は抜け毛や薄毛の原因で特に多い脱毛症です。

AGA(男性型脱毛症)を抑制していくには

5αリダクターゼの分泌を減らしていくこと
脱毛促進因子のFGF-5を抑制していくこと

です。

AGA(男性型脱毛症)は5αリダクターゼ(酵素)とテストステロン(男性ホルモン)が合体してジヒドロテストステロン(DHT)という強力が男性ホルモンが発生してしまい

このジヒドロテストステロン(DHT)がFGF-5という脱毛促進因子を増幅させてしまい毛母細胞の活動を強制的に止めてしまい育毛途中でも髪が抜ける後退期に誤作動させていってしまい抜け毛や薄毛が増えてしまいます。

なのでAGA(男性型脱毛症)を抑制していくにはジヒドロテストステロン(DHT)を作り出さないようにしていくこと

FGF-5という脱毛促進因子を減らしていくことが重要になってきます。

5αリダクターゼの分泌を抑えていくのにおすすめの成分は

オウゴンエキス
チョウジエキス
ヒオウギ抽出液

などです。

FGF-5を減らしていくのにおすすめの成分は海藻エキス(M-034)です。

AGA(男性型脱毛症)の症状として多い生え際が薄くなってしまうのを防いでいきしっかりと予防対策して原因を抑えていってくれるおすすめの育毛剤の成分についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

生え際の髪の後退を防ぐおすすめの育毛剤!

ヘアサイクルを正常に戻していく

ヘアサイクルを正常に戻していくっていうのは髪の毛がしっかりと成長期を経て自然に脱毛していく周期を正常にしていくことです。

ヘアサイクルが乱れてしまう大きな原因は

頭皮が硬くなってしまう
頭皮が炎症してしまう
頭皮が乾燥してしまう

などの頭皮トラブルによって頭皮の状態が悪くなってしまいそれが原因となって頭皮の血行が悪くなってしまい起こってしまいます。

なので頭皮トラブルをしっかりと改善して治していき頭皮の血液の流れを良くしていくことが重要になってきます。

頭皮が硬くなってしまう大きな原因は

頭皮の炎症によって頭皮が劣化や老化してしまう
頭皮の乾燥によって頭皮が荒れ野原のようにガチガチになってしまう

などなので頭皮の炎症トラブルや乾燥トラブルをしっかりと改善していくことが重要になってきます。

頭皮の炎症トラブルを改善していくには

頭皮の炎症を抑えていく抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジフェンヒドラミンなどの成分をしっかりと炎症してしまっている頭皮に与えていくこと

そして炎症の大きな原因となってしまう頭皮の皮脂の過剰分泌を抑えていくダイスエキスオウゴンエキスなどの成分でしっかりと予防対策をとっていくこと

頭皮の乾燥トラブルを改善していくには

頭皮にしっかりと水分と保湿を与えていってくるセンブリエキスなどの成分をしっかりと乾いてしまっている頭皮に浸透させていくことです。

頭皮トラブルを改善して治していく為に必要な成分や普段の生活で気をつけてほしい対策方法などはコチラの記事に詳しく書いてあります。

抜け毛対策に重要な頭皮トラブルの改善方法!

育毛剤で心配な副作用のチェック方法

効果ある育毛剤を選んで髪を太くしていき抜け毛を減らして止めていく為に重要な成分についてはわかってもらえたと思います。

そして効果ある育毛剤を選んでいく時にもう一つ重要になってくるのが副作用の心配があるかどうかです。

いくら髪を太くしていったり抜け毛をしっかりと止めていってくれる成分を含んでいてもその成分によって副作用などが起こってしまうと継続してその育毛剤を使っていくことが出来なくなってしまいます。

多くの育毛剤はAGAクリニックなどの医薬品を使った治療方法ではなく天然成分を使用しているので基本的に多毛症や頭痛やめまいなどの副作用は無いのですが頭皮に強い刺激を与えてしまって炎症などが起こってしまうことがあります。

その強い刺激などが起こってしまう原因は育毛剤に含まれている添加物や香料などによって症状が出てしまいます。

なので同じような成分が含まれている育毛剤でも添加物や香料などが製造過程で含まれてしまっていると副作用が出てしまう危険性があります。

なので育毛剤を選んでいく時は含まれている成分はもちろんのこと継続して使っていくことができる無添加そして無香料の育毛剤を選んでいってください。

育毛剤の効果が出始めるのは継続して使用していき人によって違いはありますがだいたい3ヵ月目くらいから頭皮の状態が良くなり血行も良くなってきます。

育毛剤を継続して使っていった時に注意したい副作用が起こってしまう原因についてはコチラの記事に書いてあります。

育毛剤で注意したい副作用の原因!

上記で書いた髪をしっかりと育毛していき抜け毛の原因となる頭皮トラブルの改善や原因を抑えていく成分を含んでいて無添加そして無香料で継続して使っても副作用の心配をしなくていい育毛剤はコチラです。

chapkitaibotan3-3

まとめ

効果ある育毛剤の選び方!髪を太くする抜け毛を止める成分について書いていきました。

スポンサーリンク

効果ある実感できる育毛剤は

髪を太く育毛していってくれる育毛剤
抜け毛の原因を改善して止めていってくれる育毛剤

です。

その為に特に重要になってくる成分が

海藻エキス(M-034)
センブリエキス
ジフェンヒドラミン
グリチルリチン酸

などの有効成分です。

そして副作用の心配がなく継続して使用していくことが出来ることです。

含まれている有効成分や成分数や金額など効果ある育毛剤の中でもおすすめの育毛剤を比べた記事はコチラに書いてあります。

ikuouzaibestbotan8-1


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ