髪質が硬い剛毛を改善し柔らかい髪にする方法!注意するNGなこと!

kamisitu7-1

髪質が硬いゴワゴワしている剛毛な髪の毛なので、なかなか髪の毛を綺麗にセットする事ができない

そんな髪質が硬い剛毛を柔らかい髪にするには、どうすればいいのか

髪質が硬い剛毛を改善して柔らかい髪にする方法や

硬い髪質を柔らかい髪質にする時に注意してほしいやってはいけないNGなことなどについて書いていきます。

髪質が硬い剛毛も毎日の簡単な髪のケアによって、柔らかい髪にしていくことがきます。

スポンサーリンク

髪質が硬い剛毛を改善し柔らかい髪にする方法

髪質が硬い剛毛で嫌な思いをしているのは、男性でも女性でも多いですよね。

特に女性の人は、男性と比べると髪の毛を長く伸ばしているので、より感じることが多いです。

なので、髪質が硬い剛毛を改善して少しでも柔らかい髪にしていきたいですよね。

硬い髪質と柔らかい髪質の違いは、髪の表面のキューティクルの層と髪の成分であるコルテックスの密度が違うからです。

硬い髪質と柔らかい髪質の違いや特徴や自分の髪質の調べ方などについては、コチラの記事に書いてあります。

硬い髪質と柔らかい髪質の大きな違いはコレ!

そこで、髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善していくには、髪の表面のキューティクルを整えていくか

髪の成分であるコルテックスを変えていくかです。

しかし、髪の成分であるコルテックスの密度を変えていくっていうことは、髪を細くしてしまうことになってしまいます。

いくら柔らかい髪にしたくても、髪が細くなってしまうと抜け毛や薄毛の原因になってしまうので、やってはいけないことです。

そこで、髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善していくには、髪のキューティクルをできるだけ滑らかにしていくことです。

髪のキューティクルを滑らかにしていくことで、髪の表面のツヤが良くなり、髪がゴワゴワしなくなり柔らかい髪にしていくことができます。

そこで、髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善するおすすめの方法は

シャンプーを変える
トリートメントをする
髪の毛の乾かし方を変える

などです。

シャンプーを変える

髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善する方法でシャンプーを変えるっていうのは、洗浄力が弱いシャンプーを使っていくっていうことです。

まずは現在使っているシャンプーが

・アルコールシャンプー
・せっけんシャンプー

の場合はアミノ酸シャンプーに変えてみてください。

アルコールシャンプーやせっけんシャンプーは髪や頭皮の汚れを落とす洗浄力は強いのですが

その分、髪の表面のキューティクルも剥がれやすくなってしまいますし

タンパク質が固まりやすくなり、髪の毛が硬くなってしまう事があります。

なので、洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーに変えることで、髪のキューティクルを剥がれにくくし

タンパク質も固まりにくくして、髪を柔らかくしていきます。

アミノ酸シャンプーは、洗浄力が弱いからといって、汚れがうまく落ちないっていうことはないので安心してください。

逆に、髪や頭皮にとって優しいシャンプーなので、髪や頭皮の状態を良くしていってくれます。

アミノ酸シャンプーと普通のシャンプーとの違いや特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

アミノ酸シャンプーと普通のシャンプーとの違い!

スポンサーリンク

トリートメントをする

髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善するのにトリートメントをするっていうのは、髪の表面を保護していきます。

シャンプーで髪を洗った後っていうのは、どうしても髪のキューティクルが剥がれやすい状態になっています。

それを、シャンプーの後にトリートメントをすることで、髪の表面に膜をつけていきます。

それによって、髪の保湿効果を高めてくれて髪の毛をしなやかにして柔らかくしていってくれます。

髪の保湿効果が高いってことは、髪の中の水分の蒸発も防いでくれるので

水分が蒸発して髪の毛がパサパサになってしまうのを防いでくれます。

トリートメントとリンスとコンディショナーの違いなどについては、コチラの記事に書いてあります。

トリートメントとリンスとコンディショナーの違い!

髪の毛の乾かし方を変える

髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善するのに、髪の毛の乾かし方を変えるっていうのは、ドライヤーを使う時間を短くするっていうことです。

濡れている髪を乾かすのに、ドライヤーを使う時間が長くなってしまうとドライヤーの熱によって髪のキューティクルが傷んで剥がれやすくなってしまいます

なので、髪を乾かす時のドライヤーを使う時間を短くして髪のキューティクルを守っていきます。

おすすめの髪の乾かし方としては、ドライヤーを使う前にまずは、しっかりとタオルで髪の水分を吸収していきます。

それから、ドライヤーを使って髪を乾かしていきます。

タオルドライの正しいやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪を守るタオルドライの正しいやり方とコツ!

髪を傷めずにしっかりと髪を乾かしていくドライヤーの正しい使い方や当て方などいついては、コチラの記事に書いてあります。

髪を守るドライヤーの正しい使い方!

髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善する時に注意するNGなこと

髪質が硬い剛毛を柔らかい髪に改善するおすすめの方法については、わかってもらえたと思います。

そして、硬い髪質を柔らかい髪に改善していく時にやってはいけない注意するNGなことがあって

それは、ヘアカラーしたり、パーマをあてたりすることです。

ヘアカラーしたり、パーマをあてたりすると剛毛が柔らかくなります。

しかし、それはヘアカラーやパーマをする時に、髪のキューティクルを開いて髪の成分のコルテックスが少なくなってしまうからです。

ヘアカラーで髪の色を変えたり、パーマで髪の形状を変える時っていうのは、髪のキューティクルを開いて中に、溶剤を入れていきます。

その溶剤が髪の毛の中に入ることによって、髪の色を変えたり髪の形状を変えたりします。

それによって、髪が細くなってしまい抜け毛や薄毛の大きな原因になってしまうことがあるので注意してください。

ヘアカラーが髪を傷めて抜け毛や薄毛の原因になってしまうことについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の毛の色を変えると抜け毛が増える原因は!

パーマが髪や頭皮を傷めて抜け毛や薄毛の原因になってしまうことについては、コチラの記事に書いてあります。

パーマが抜け毛を作ってしまう原因は!

まとめ

髪質が硬い剛毛を改善し柔らかい髪にする方法!注意するNGなこと!について書いていきました。

髪質が硬い剛毛を改善して柔らかい髪にする方法は、髪のキューティクルを滑らかにしていくことです。

その為のおすすめの改善方法としては

シャンプーを変える
トリートメントをする
髪の毛の乾かし方を変える

などです。

髪質が硬いのは丈夫で健康な髪の毛なのですが、特に女性の場合はなかなか思うような髪型にならずに悩みの種でもあります。

そこで、髪の毛を細く柔らかくする事は出来ないですが、硬い髪を少しでもしなやかでまとまりのある髪質に改善することは出来るのでやってみてください。

硬い髪質と柔らかい髪質では、どちらがハゲやすい髪質なのか、髪質とハゲとの関係などについては、コチラの記事に書いてあります。

ハゲやすい髪質はどんな髪質か!

女性で髪質が変わりツヤやコシが無くなった時に注意してほしいことについては、コチラの記事に書いてあります。

女性で髪のツヤやコシが無くなった時に注意すること!

髪質が変わってしまい髪の状態が悪くなってしまう注意してほしい原因については、コチラの記事に書いてあります。

髪質を変えてしまう注意してほしいこと!

髪がよくパサついてしまうのを治して予防していくケア対策についてはコチラの記事に書いてあります。

髪がパサパサするのを防ぐ方法!

スポンサーリンク


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ