髪の毛を乾かす時のドライヤーの正しい使い方はコレ!

kawakasu10-1

髪の毛を乾かす時の正しいドライヤーの使い方は、どう使うのがいいのか

お風呂に入って髪の毛を洗って出てきた時に髪の毛の乾かし方ってどうしてますか

ドライヤーを使って乾かすのがいいとか

自然乾燥が髪の毛にはいいとか

色々な話を聞きますよね。

濡れた髪の毛はすぐにドライヤーを使って乾かすのが正しい乾かし方です。

そこで、髪の毛を乾かすドライヤーの正しい使い方について書いていきます。

スポンサーリンク

髪の毛を乾かす時のドライヤーの正しい使い方はコレ

髪の毛を洗った後に、髪を乾かす方法で一番良いのは、ドライヤーを使ってすぐに髪の毛を乾かしていくことです。

よくドライヤーを使うと髪の毛を痛めてしまうから使わない方がいいと言われています。

しかし、実はこのドライヤーを使わないで髪の毛を自然乾燥で乾かしていくのは、髪や頭皮の状態を悪くしてしまいます。

髪の自然乾燥が悪い理由については、コチラの記事に詳しく原因が書いてあります。

濡れた髪を自然乾燥が乾かすのが悪い理由!

ただ、ドライヤーを使って髪の毛を乾かしていく時にただ適当にドライヤーを当てていっては、ドライヤーの熱によって髪の状態を悪くしてしまいます。

そこで、髪の毛を乾かす正しいドライヤーの使い方は

まず最初に、ドライヤーを使う前に、髪や頭皮の水分をあらかた無くしていく為にタオルドライをしていきます。

タオルドライとは、バスタオルなどで髪を拭いていくことです。

タオルドライとは何か、正しいタオルドライのやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

タオルドライのやり方と注意すること!

タオルドライで髪や頭皮の水分をあらかた吸い取って後に、ここからがドライヤーを使った髪の正しい乾かし方です。

髪から20cmほどドライヤーを離して使う

髪の根元からドライヤーを当てて乾かしていく

ドライヤーを一か所に当て過ぎない

ドライヤーの風量を変えて使う

髪が8割ほど乾いたら冷風に切り替える

です。

髪からドライヤーを20cm離して使う

まずは、ドライヤーを使う時は、髪からドライヤーを20cm離して使うようにしてください。

髪の近くでドライヤーを使う方が、熱風が髪に多く当たるから乾きが早くなると思いますよね。

しかし、ドライヤーを髪に近づけ過ぎてしまうと、ドライヤーの熱風の熱によって髪の表面のキューティクルが傷ついてしまいますし

髪の中の水分も多く蒸発してしまって髪がパサパサになってしまいます。

なので、ドライヤーを使う時は、必ず髪から20cmは離して使うようにしてください。

スポンサーリンク

髪の根元からドライヤーを当てて乾かしていく

髪の根元からドライヤーを当てて乾かしていくっていうのは、髪を早く乾かしていく為です。

髪全体を早く乾かしていくには、

髪の根元を乾かす

髪の中間を乾かす

髪の毛先を乾かす

この順番で乾かしていくのが、髪全体を一番早く乾かしていくことができます。

ドライヤーを一か所に当て過ぎない

ドライヤーを一か所に当て過ぎないっていうのは、ドライヤーの熱風を一か所に当て過ぎてしまうとそれだけその部分の髪の水分が多く奪われてしまいます。

なので、ドライヤーを一か所に当て過ぎないようにする為に、ドライヤーを小刻みに振って使っていくようにしてください。

ドライヤーを小刻みに振って乾かすことによって、周りの髪にも多くドライヤーの熱風が当たるので、乾かす時間も早くなります。

ドライヤーの風量を変えて使う

ドライヤーの風量を変えて使うっていうのは

髪の根元は、ドライヤーの風量を強くする

髪の中間や毛先は、ドライヤーの風量を弱くする

などして、風量を変えていきます。

髪の根元っていうのは、一番乾きにくい場所なので、ドライヤーの風量を強くして当てていきますが

髪の中間や毛先などは、髪の根元が乾いてくるとある程度乾いているので、ドライヤーの風量を弱くして当てていきます。

髪が8割ほど乾いたら冷風に切り替える

髪が8割ほど乾いたら冷風に切り替えるっていうのは、髪は8割ほど乾けば後は余熱ですぐに乾いてくれます。

なので、ドライヤーの熱風を当てる必要はないのですが、今度は冷風に切り替えて使ってください。

冷風を当てて髪を冷ますことによって、髪のキューティクルの閉まりが良くなります。

なので、必ず最後にドライヤーを冷風に切れ替えて、髪を素早く冷ましていってください。

これが、髪の毛を乾かすドライヤーの正しい使い方です。

髪のボリュームを出したい時のおすすめのドライヤーの使い方や対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

髪のボリュームを出すドライヤーの当て方とコツ!

まとめ

髪の毛を乾かす時のドライヤーの正しい使い方はコレ!について書いていきました。

髪を洗った後に乾かし方は、ドライヤーを使って髪をしっかりと乾かしていくことが重要です。

そして、髪の毛を乾かすドライヤーの正しい使い方は

髪から20cmほどドライヤーを離して使う

髪の根元からドライヤーを当てて乾かしていく

ドライヤーを一か所に当て過ぎない

ドライヤーの風量を変えて使う

髪が8割ほど乾いたら冷風に切り替える

このやり方で、髪の毛をしっかりと綺麗に乾かしていきます。

髪の毛の正しい洗い方や手順などについてはコチラの記事に書いてあります。

髪を綺麗に洗う正しい洗い方と手順!

髪の毛の状態を良くする正しい乾かし方の手順やブラシを使うタイミングなどについては、コチラの記事に書いてあります。

髪をしっかりと守る正しい乾かし方の手順!

朝シャンが髪や頭皮の状態を悪くしてしまい抜け毛を増やしてしまう原因については、コチラの記事に書いてあります。

朝シャンが髪の状態を悪くしてしまう理由!

髪を太くしていくのに効果あるアミノ酸シャンプーについては、コチラの記事に書いてあります。

髪を太くしていくチャップアップシャンプーの秘密!

スポンサーリンク


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ