髪のボリュームアップのやり方!ドライヤーの使い方と洗い方はコレ!

kamiboryuumudasu15-1

髪のボリュームアップのやり方は、どうすればいいのか

髪が細くなり少なくなってきているのを多く見せるには、髪にボリュームを出すことです。

そこで、簡単に今日からすぐに実践していくことが出来る、髪のボリュームアップのやり方で

おすすめのドライヤーの使い方や髪の洗い方などについて書いていきます。

同じ髪の量でも、ペタンコになっている髪とふわっとしている髪では、髪のボリュームの差によって髪が少なく見えてしまったり、多く見えたりしますからね。

スポンサーリンク

髪のボリュームアップのやり方はコレ

髪のボリュームアップのやり方で大切になってくるのは

髪の根元をしっかりと立たせること
毛穴を綺麗にしていくこと

この2つのことが重要なポイントになってきます。

髪の根元がしっかりと立っていることによって、髪がふわっとして全体的にボリュームがでますし

毛穴を綺麗にすることによって、髪の根元がしっかりと立ちやすくなります。

そこで、髪の根元をしっかりと立たせていくには、髪を乾かしていく時のドライヤーの使い方が重要なポイントになってきます。

毛穴を綺麗にしていくには、頭皮や髪の洗い方が重要なポイントになってきます。

この2つのことをしっかりと行っていくことによって、簡単に髪のボリュームをアップさせていくことができるようになります。

髪のボリュームアップさせるドライヤーの使い方はコレ

髪のボリュームアップさせるドライヤーの使い方は

髪の根元をしっかりと立たせるやり方
髪全体に空気を入れるやり方

この2つのことをやっていきます。

まずは髪を洗った後は、すぐにドライヤーを使って、しっかりと髪を乾かしていくようにしてください。

髪は濡れている状態から乾いた時の髪型がずっとキープされます。

なので、髪を乾かす時にしっかりと根元を立たせるようにしてあげると、その状態がキープされて次の日も、しっかりとボリュームのある髪を維持していくことができます。

髪の根元をしっかりと立たせるドライヤーのやり方

髪の根元をしっかりと立たせるドライヤーのやり方は

髪全体が半乾きになるまで乾かす

前髪を指で持ち上げて髪の根元にドライヤーの熱風が当たるようにして乾かす

頭頂部の髪を指で持ち上げて髪の根元にドライヤーの熱風が当たるように乾かす

後頭部の髪を指で持ち上げて髪の根元にドライヤーの熱風が当たるように乾かす

です。

このやり方によって、髪の根元をしっかりと立たせていくことができます。

最初に髪全体を半乾きくらいまで乾かしていってください。

髪全体がある程度乾いている方が、髪の根元を乾かしやすくなります。

そして、髪の根元を乾かす時は、しっかりとドライヤーの熱風が根元に当たるようにして乾かしていってください。

毛先などにドライヤーの熱風が当たっていると、上手く根元を立たせて乾かしていくことが出来なくなってしまいます。

そして、上記で書いた髪を指で持ち上げて髪の根元を乾かしていくのが難しかったり、やりずらい時は

頭を下に下げて、やっていくとやりやすいですし、髪の根元にドライヤーの熱風が当たりやすくておすすめです。

髪全体に空気を入れるドライヤーのやり方

髪全体に空気を入れるドライヤーのやり方っていうのは、髪の根元をしっかりと乾かして根元が立った後に行っていきます。

髪全体に空気を入れるドライヤーのやり方は

頭を下げて下にする

ドライヤーの熱風が根元から毛先にいくように当てる

指を広げて髪を根元から毛先に向けて滑らせる

髪全体をまんべんなくする

ドライヤーを冷風にして同じことを繰り返す

です。

これによって、髪同士の間や髪全体に空気が入って髪がふわっとしてボリュームを出すことができます。

最初に、ドライヤーの熱風でやって髪をしっかりと乾かしていった後に冷風にして、また同じようにしてください。

髪っていうのは、乾いて冷めた時にしっかりとその形をキープしてくれるので、冷風を使って髪の熱を下げていきます。

そして最後に、冷風にしてブラシやクシを使って髪を整えていってください。

これが、髪のボリュームアップのやり方で、効果的なドライヤーの使い方です。

ドライヤーを使って髪を乾かす前に、髪を洗った後に必ずやってほしいタオルドライの正しいやり方については、コチラの記事に書いてあります。

濡れた髪を早く乾かすタオルドライの正しいやり方!

スポンサーリンク

髪のボリュームアップさせる洗い方はコレ

髪のボリュームアップさせる洗い方っていうのは、毛穴も汚れを綺麗に落としていく洗い方です。

毛穴が詰まっていると髪の根元をしっかりと立たせていくことが出来なくなってしまいますからね。

毛穴の汚れを綺麗に落としていく髪の洗い方は

しっかりと湯船に浸かって血行を良くし汗をかく

湯船に浸かりながら頭皮マッサージをする

シャワーのお湯でしっかりと頭皮と髪をすすぐ

シャンプーをしっかりと泡立たせる

頭皮の洗い残しがないように洗う

シャワーのお湯でしっかり洗い流す

最後にまた湯船にしっかりと浸かる

です。

まずは、しっかりとお風呂に入って湯船にゆっくりと浸かってください。

湯船に浸かることによって、血行が良くなり発汗作用が働いて汗をかきます。

この汗をかくことによって、毛穴が開きやすくなります。

そして、その状態で頭皮マッサージをすることによって、より毛穴の奥に詰まっている汚れを上手く取り出せやすくします。

毛穴の汚れを上手く取り出す頭皮マッサージのやり方

簡単な頭皮マッサージのやり方は

左右の耳の上の頭皮を手の平で押して、上に引っ張り上げるようにします。

これによって、頭皮のコリを解消して毛穴の詰りを上手く取り出せやすくしますし、頭皮も柔らかくなって更に血行も良くなります。

頭皮を柔らかくする簡単なおすすめの頭皮マッサージのやり方については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮のコリを解消する頭皮マッサージ法!

毛穴の汚れを上手く洗い流すやり方

シャワーのお湯で最初にしっかりとすすぐことによって、頭皮や髪に付着している汚れをある程度綺麗に洗い流していくことができます。

それによって、シャンプーの泡立ちも良くなるので、最初にしっかりと頭皮と髪をお湯で洗ってください。

シャンプーで、頭皮や髪を洗う時はしっかりとシャンプーを泡立たせてください。

シャンプーの泡によって、頭皮や髪に付着している皮脂などの油分をしっかりと洗い流していってくれます。

シャンプーをしっかりと泡立たせるコツとしては

しっかりと髪や頭皮のすすぎをする
水と空気を入れて手のひらで混ぜる

です。

シャンプーの液だけで手のひらを擦っても泡立ちが悪いので、しっかりと水と空気が混じるようにして手の平で揉むような感じで擦っていってください。

そして、頭皮や髪を洗う時は、洗い残しがないように

頭頂部から両サイド
頭頂部から前頭部
頭頂部から後頭部

などのように頭皮を分割してブロックごとに洗っていくと洗い残しがなく上手く頭皮全体を綺麗に洗っていくことができます。

頭皮を綺麗に洗い残しがなく洗っていくおすすめの5ブロック洗いのやり方については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮の洗い残しを無くす5ブロック洗い!

そして、シャンプーの洗い残しがないようにしっかりとまた、シャワーのお湯で丁寧に洗い流していってください。

使用するシャンプーもアミノ酸シャンプーを使うことによって、頭皮への刺激も少なく頭皮に優しいのでおすすめです。

これが、髪のボリュームアップにおすすめの髪の洗い方です。

髪を太くしていくのにおすすめのアミノ酸シャンプーについては、コチラの記事に書いてあります。

髪を太くしていくのに良いシャンプー!

まとめ

髪のボリュームアップのやり方!ドライヤーの使い方と洗い方はコレ!について書いていきました。

髪のボリュームアップのやり方は

髪の根元をしっかりと立たせること
毛穴を綺麗にしていくこと

です。

その為のやり方として

ドライヤーを上手く使って髪の根元をしっかりと立たせていく
毛穴の詰りを綺麗に取り除いていく洗い方

です。

髪のボリュームを出すことによって、髪が細く少なくなっているのを上手く多く見せていくことができます。

髪が細くなりドンドンとボリュームが無くなっていってしまう悪い注意してほしい生活習慣については、コチラの記事に書いてあります。

髪が細くボリュームが無くなる原因!

太くて健康な髪を取り戻していく為に大切で重要になってくる3つのことについては、コチラの記事に書いてあります。

太い髪を育てていくのに必要な3つのこと!

細くなっていしまっている髪を太くしていき、抜け毛や薄毛をしっかりと改善して頭皮や髪を健康な状態に取り戻していくのにおすすめの育毛剤については、コチラに書いてあります。

髪を太くしっかりと育毛させていく育毛剤!

スポンサーリンク


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ