髪の自然乾燥が悪い理由はコレ!ハゲやすくなる原因に!

kamisizenkansouwaruiriyuu30-1

髪の自然乾燥が悪いと言われる理由は何か

髪を洗った後に、ドライヤーを使わずにそのまま自然乾燥で髪を乾かすことがあります。

ドライヤーを使わないので、ドライヤーの熱によって髪がダメージを受けるのを防ぐことができて髪にとっては良いことだと思います。

しかし、このドライヤーを使わずに髪を自然乾燥させていく乾かし方は、実は髪や頭皮にとって良くない悪いことなのです。

そこで、髪の自然乾燥が悪い理由と、ハゲやすくなってしまう原因について書いていきます。

スポンサーリンク

髪の自然乾燥が悪い理由はコレ

髪を洗った後に、ドライヤーを使わずにそのまま自然乾燥で髪を乾かしていくことがありますよね。

ドライヤーを使って乾かさないから、ドライヤーの熱によって髪が傷むのを防ぐことができるので、髪にとっては良いことだと思いますよね。

しかし、実は髪を洗った後に、ドライヤーを使わずに自然乾燥させていくことは、髪や頭皮にとっては良くない悪いことなのです。

そこで、いったいどうして髪の自然乾燥が悪いのか、その理由は

髪のキューティクルが開いている時間が長くなる
頭皮に雑菌が発生しやすくなる
頭皮の血行が悪くなる

などの症状が起こってしまうからです。

髪のキューティクルが開いている時間が長くなる

髪のキューティクルが開いている時間が長くなるっていうのは、髪が濡れている状態の時っていうのは、髪のキューティクルは少し開いている状態です。

なので、ドライヤーを使わずに髪を自然乾燥させていると、どうしても髪が濡れている時間が長くなってしまいます。

そうすると、自然と髪のキューティクルも開いたままの状態が長くなってしまいます。

髪のキューティクルが開いている時間が長くなってしまうと

髪の中の水分や成分が抜けやすくなる
髪同士が絡まりやすくなる

など、髪の状態が悪くなってしまいます。

髪が濡れている以外にも、髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまう原因については、コチラの記事に書いてあります。

髪のキューティクルが剥がれてしまう原因!

頭皮に雑菌が発生しやすくなる

頭皮に雑菌が発生しやすくなるっていうのは、髪を自然乾燥させているとそれだけ濡れている時間が長くなりますよね。

そうすると、髪が濡れていることによって、ホコリや汚れなどが髪や頭皮に付着しやすくなりますし

髪が濡れているっていうことは、それだけ頭皮が自然と蒸れやすくなってしまいます。

このホコリや汚れなどが多く髪や頭皮についてしまったり、頭皮が蒸れている時間が長くなってしまうと、自然と頭皮に雑菌などが発生しやすくなってしまいます。

頭皮に雑菌が多く発生してしまうと

フケが多くなってしまう
頭皮が臭くなってしまう

などの症状が起こりやすくなってしまいます。

頭皮の血行が悪くなる

頭皮の血行が悪くなるっていうのは、髪や頭皮が濡れている時間が長いとどうしても頭皮は冷たくなってしまいます。

この頭皮が冷たくなってしまうと、頭皮の血行が悪くなってしまいます。

更に、頭皮の血行が悪くなってしまうと頭皮が硬くなりやすくなってしまいます。

頭皮が硬くなってしまうと、更に頭皮の血行が悪くなるっていう悪循環が起こってしまいます。

これらの症状が、髪を洗った後にドライヤーを使わずに髪を自然乾燥させてしまうと起こりやすくなってしまいます。

これが、髪の自然乾燥が悪いと言われる大きな理由です。

スポンサーリンク

髪の自然乾燥が原因でハゲやすくなる

髪の自然乾燥が悪い理由については、わかってもらえたと思います。

そして、更に髪の自然乾燥によって起こってしまう髪や頭皮の悪い症状によってハゲやすくなってしまう原因に繋がってしまいます。

その髪の自然乾燥が原因でハゲやすくなってしまうのは

髪が抜けやすくなってしまう
髪が育ちにくくなってしまう

などのことが起こってしまうからです。

髪が抜けやすくなってしまう

髪が抜けやすくなってしまうっていうのは、髪が濡れている状態が長いと髪のキューティクルが開いている時間が長くなってしまいますよね。

この髪のキューティクルが開いている時間が長くなってしまうと、髪の中の水分や栄養素が多く抜けていってしまいますし

髪の表面が凸凹しているので、髪同士の摩擦が起こりやすくなって髪のダメージが酷くなってしまいます。

そうなってしまうと、髪はドンドンと自然に細くなっていってしまいます。

この髪が細くなっていってしまうことによって、髪が抜けやすくなってしまいます。

髪が育ちにくくなってしまう

髪が育ちにくくなってしまうっていうのは、頭皮の血行が悪くなってしまうからです。

髪が太く育っていくのは、血液中に含まれている栄養素がしっかりと髪の根元にある毛乳頭に多く届くからです。

しかし、髪を自然乾燥していることによって、頭皮に雑菌が増えてしまったり

頭皮が冷えてしまったりして、頭皮の血行が悪くなってしまうと、それだけ髪の毛乳頭に血液を上手く届けることができなくなってしまいます。

それによって、髪が太く育ちにくくなってしまいます。

このように、髪を自然乾燥させてしまうことによって

髪が自然と細くなって抜けやすくなってしまう

髪が太く育たなくなってしまう

などの症状が続いてしまうと、段々と髪の量が少なくなってしまいハゲやすくなってしまうので注意しなくてはいけません

頭皮の血行不良が髪を細くしてしまう詳しい原因や血行不良が起こりやすい注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

頭皮の血行不良で髪が細くなる原因!

まとめ

髪の自然乾燥が悪い理由はコレ!ハゲやすくなる原因に!について書いていきました。

髪を洗った後に、ドライヤーを使わずに自然乾燥で乾かしてしまうと、髪や頭皮が濡れている時間が長くなってしまい

それによって

髪のキューティクルが開いている時間が長くなる
頭皮に雑菌が発生しやすくなる
頭皮の血行が悪くなる

など、髪や頭皮にとって悪い状態が起こりやすくなってしまいます。

更に、これらの症状が原因となってしまい

髪が抜けやすくなってしまう
髪が育ちにくくなってしまう

などのことが起こりやすくなってしまって髪がドンドンと少なくなりハゲやすくなってしまうので注意してください。

なので、髪を洗った後は、しっかりとドライヤーを使って髪を乾かして髪や頭皮が濡れている時間をできるだけ短くしていってください。

ドライヤーを使う時間を短くして熱から髪を守る為に必ずやってほしいタオルドライの正しいやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪に優しいタオルドライの正しいやり方!

ドライヤーを使って髪をしっかりと乾かし、熱から髪を守るドライヤーの正しい使い方については、コチラの記事に書いてあります。

ドライヤーの正しい使い方で髪をしっかり乾かす!

頭皮や髪をしっかりと綺麗に洗っていく為のおすすめの洗い方については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮や髪を丁寧に綺麗に洗う洗い方はコレ!

雨で髪が濡れてしまった時に注意してほしいことや正しい対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

雨で髪が濡れた時に注意することと対処の仕方!

スポンサーリンク


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ