アホ毛をすぐに抑える方法となくす髪のケア対策はコレ!

ahogeosaerutaisaku28-1

アホ毛が多いのをすぐに抑えて直していきたい

アホ毛が発生しないようにしてなくす為の髪のケア対策はどうすればいいのか

髪の毛が立って跳ねてしまう厄介なアホ毛

そんなアホ毛が多く発生してしまっている時に、すぐにアホ毛を抑える簡単な方法や

アホ毛ができないようになくす為に心がけてほしい髪のケア対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

アホ毛をすぐに抑える方法はコレ

頭頂部の髪の毛が立ってしまっていたり、跳ねてしまっているアホ毛

アホ毛を発見してしまったときっていうのは、ものすごくショックですよね

アホ毛は、ただ手で押さえたり、ブラッシングしても直していくことができなくて困ってしまいます。

そんなアホ毛をすぐに抑えて直すのに、とても簡単でおすすめの方法があります。

それは

ドライヤーを当てて抑える
ヘアスプレーをクシにつけて抑える
髪の分け目を変える

などです。

ドライヤーを当てて抑える方法

アホ毛をすぐに抑える方法で、ドライヤーを当てて抑えるっていうのは

ドライヤーの温風と冷風を当てていきます。

ドライヤーを使ったアホ毛の簡単な直し方は

ドライヤーの温風をアホ毛に当てる

アホ毛を手の平でしっかりと押さえる

ドライヤーの冷風を垂直に当てる

です。

髪の毛っていうのは、熱を当てて温めると髪が柔らかくなって、髪の形状を変えやすくなります。

そして、温めた髪が冷えることで、その髪の形状を固定していくことができます。

なので、まずはドライヤーの温風をアホ毛が多く発生してしまっている部分に当てて髪の毛を温めていきます。

それから、ドライヤーを止めて手の平でしっかりと立ってしまっているアホ毛を押さえます。

そして、最後にドライヤーの冷風を当てて髪の毛を冷やしていきます。

これが、ドライヤーを使った簡単にアホ毛を抑える方法です。

ヘアスプレーをクシにつけて抑える方法

アホ毛をすぐに抑える方法で、ヘアスプレーをクシについて抑えるっていうのは、クシが髪をといでいくだけです。

ヘアスプレーをクシに吹きかけることで、クシの表面についているヘアスプレーが髪の毛について立っているアホ毛を抑えていくことができます。

クシで髪をとく時に、クシを少し横に倒して髪を押さえるようにしてとくと、よりしっかりとアホ毛を抑えることができます。

ブラシにヘアスプレーをつけて髪をブラッシングしても、アホ毛を抑えることはできないので

必ずクシやコームなどにヘアスプレーを吹きかけてアホ毛を押さえるようにして、髪をとかしていってください。

これが、ヘアスプレーをクシにつけて簡単にアホ毛を抑える方法です。

髪の分け目を変えて抑える方法

アホ毛をすぐに抑える方法で、髪の分け目を変えて抑える方法っていうのは、ただ髪の分け目を少し変えるだけです。

髪の分け目を変えることで、アホ毛で立ってしまっている髪を他の髪の毛で押さえることができます。

この時もブラシを使うのではなくて、クシやコームなどを使って髪の分け目を変えていってください。

この髪の分け目を変えて抑える方法は、一番簡単でどこでもすぐにできる方法です。

会社や学校や外出先などで、ドライヤーやヘアスプレーがない時におすすめのアホ毛を抑える方法です。

アホ毛が多い原因

アホ毛をすぐに抑える簡単な方法については、わかってもらえたと思います。

そこで、いったいアホ毛はどうして発生してしまうのか起こってしまうのか

その原因は

・新しく生え始めている髪
・切れ毛などで切れた髪

など、周りの髪の毛よりも短い髪の毛が立ってしまったり、跳ねてしまったりしてアホ毛が発生してしまいます。

そして、更にアホ毛が多い時に注意してほしい原因があって

それが

髪や頭皮が乾燥している
髪が傷んでいる
頭皮の毛穴が汚れて詰まっている

などの時にアホ毛が多く発生してしまいます。

髪や頭皮が乾燥している

髪や頭皮が乾燥しているっていうのは、髪に静電気が発生してしまっていてアホ毛ができてしまいます。

髪の水分や頭皮の水分が少ないと、どうしても髪や頭皮が乾燥しやすくなってしまって、静電気が起こりやすい状態になってしまいますからね。

髪が傷んでいる

髪が傷んでいるっていうのは、髪の表面のキューティクルが剥がれてしまっているっていうことです。

髪のキューティクルが剥がれていることによって、髪の水分が蒸発してしまい髪が乾燥しやすくなってしまいますし

髪のキューティクルが剥がれていることによって、髪の表面が凸凹してしまい髪同士の摩擦が起こりやすくなってしまいますし

髪のキューティクルが剥がれていることによって、髪が弱くなり切れ毛などが多くなってしまったりしてしまいます。

それによって、アホ毛が多くなってしまいます。

頭皮の毛穴が汚れて詰まっている

頭皮の毛穴が汚れて詰まっているっていうのは、毛穴が詰まっていることによって毛穴の形が変形してしまいます。

毛穴の形が変形してしまっていると、毛穴から出ている髪の毛も変形してしまい髪がうねってしまったり、くせ毛などになってしまいます。

それによって、アホ毛が多くなってしまいます。

これらのことが原因となって、アホ毛が多く発生してしまうことが多いです。

スポンサーリンク

アホ毛をなくす髪のケア対策はコレ

アホ毛が多い時に注意してほしい原因については、わかってもらえたと思います。

そこで、アホ毛が発生しないように、アホ毛をなくす為の髪のケア対策として

髪を洗い過ぎない
洗浄力の弱いシャンプーを使う
頭皮を綺麗に洗う
トリートメントやコンディショナーを使う
髪を早く正しく乾かす
ヘアカラーやパーマを控える
ワックスや整髪料をつける

などをしっかりと心がけるようにしてください。

髪を洗い過ぎない

アホ毛をなくす髪のケア対策として髪を洗い過ぎないっていうのは、髪は1日に1回夜だけ洗うようにしてください。

髪を1日に朝晩など2回洗ってしまっていると、それだけ頭皮の皮脂も一緒に洗い流されてしまいます。

そうなってしまうと、頭皮に皮脂が少なくなってしまって、頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。

なので、アホ毛をなくす髪のケア対策として、髪を洗い過ぎないようにしてください。

洗浄力の弱いシャンプーを使う

アホ毛をなくす髪のケア対策として洗浄力の弱いシャンプーを使うっていうのは、アミノ酸シャンプーを使うっていうことです。

洗浄力の強い汚れがよく落ちるシャンプーを使ってしまうと

・頭皮の皮脂が落ち過ぎてしまう
・髪の水分が少なくなってしまう

などのことが起こりやすくなってしまいます。

なので、できるだけ洗浄力の弱いアミノ酸シャンプーなどを使って髪を洗っていくようにしてください。

アミノ酸シャンプーなど洗浄力が弱いシャンプーでも、しっかりと髪や頭皮の汚れを綺麗に洗い流していってくれます。

なので、アホ毛をなくす髪のケア対策として、洗浄力の弱いシャンプーを使っていってください。

頭皮を綺麗に洗う

アホ毛をなくす髪のケア対策として頭皮を綺麗に洗うっていうのは、毛穴の詰りを無くしていくことです。

うまく頭皮を洗えていなかったり、シャンプーのすすぎ残りなどがあると

どうしても毛穴に皮脂やシャンプーなどが残ってしまい詰まってしまいます。

なので、まずは頭皮全体をしっかりと洗う為に

頭頂部

両サイド

前頭部

後頭部

など、頭皮をブロック分けして洗い残しがないようにしっかりと洗っていってください。

そして、最後にしっかりとシャワーでシャンプーを綺麗に洗い流していってください。

頭皮の綺麗な洗い方については、コチラの記事に詳しくやり方が書いてあります。

頭皮を綺麗に洗っていくおすすめの洗い方!

トリートメントやコンディショナーを使う

アホ毛をなくす髪のケア対策でトリートメントやコンディショナーを使うっていうのは、髪のキューティクルを保護していきます。

シャンプーの後に、トリートメントやコンディショナーを使うことで、髪がサラサラになりますよね。

それは、髪の表面に膜を張ってくれているからです。

それによって、髪のキューティクルが保護していくことができるので、髪の水分が蒸発するのを防いでくれたり

髪の静電気などを防いでいってくれるので、アホ毛を防いでいくことができます。

トリートメントとコンディショナーの効果の違いや正しい使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

トリートメントとコンディショナーの効果の違い!

髪を早く正しく乾かす

アホ毛をなくす髪のケア対策で髪を早く正しく乾かすっていうのは、髪を洗った後はすぐに髪を乾かしていってください。

髪の自然乾燥などは、髪が濡れている状態が長くなってしまうので髪のキューティクルを傷めてしまいます。

そして、髪を乾かす時に、ドライヤーを使っている時間が長いとこれも髪のキューティクルを傷めてしまいますし

頭皮の水分も多く奪われてしまい乾燥しやすくなってしまいます。

なので、髪の正しい乾かし方として、バスタオルやタオルでしっかりと髪の水分を吸い取った後に、ドライヤーを使って乾かしていきます。

タオルドライの正しいやり方については、コチラの記事に書いてあります。

髪に良いタオルドライの正しいやり方

ドライヤーを使った正しい髪の乾かし方については、コチラの記事に書いてあります。

髪に良いドライヤーを使った正しい髪の乾かし方!

ヘアカラーやパーマを控える

アホ毛をなくす髪のケア対策でヘアカラーやパーマを控えるっていうのは、髪のキューティクルが剥がれるのを防いでいく対策です。

ヘアカラーやパーマは、髪のキューティクルを一旦開いて、そこから髪の中に溶剤などを入れて浸透させていっています。

なので、どうしても髪のキューティクルが剥がれてしまったり、髪を傷めてしまいます。

なので、アホ毛をなくす髪のケア対策としては、ヘアカラーやパーマはできるだけ控えるようにしてください。

ワックスや整髪料をつける

アホ毛をなくす髪のケア対策でワックスや整髪料をつけるっていうのは、アホ毛対策には一番おすすめです。

髪全体にワックスや整髪料などをつけなくても、アホ毛が発生しやすい頭頂部の髪などに軽くつけるだけで、しっかりとアホ毛が起こらなくなります。

これらの髪のケア対策が、アホ毛をなくす発生しないようにする為の髪のケア対策としておすすめです。

まとめ

アホ毛をすぐに抑える方法となくす髪のケア対策はコレ!について書いていきました。

アホ毛が発生してしまっている状態をすぐに抑えて直していく方法は

ドライヤーを当てて抑える
ヘアスプレーをクシにつけて抑える
髪の分け目を変える

などが簡単ですぐにできるおすすめのアホ毛の抑え方です。

そして、アホ毛が起こらないようになくす為の髪のケア対策としては

髪や頭皮を乾燥させない
髪のキューティクルを剥がさない
頭皮の毛穴を詰まらせない

などが重要なポイントになってきます。

なので、上記で書いた髪のケア対策をしっかりと心がけていくようにしてください。

髪に静電気が発生しないようにしていく為のケア対策については、コチラの記事に書いてあります。

髪の静電気を抑える予防対策はコレ!

頭皮の乾燥を治すケア方法と乾燥を抑えていくケア対策については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

頭皮の乾燥を治し予防するケア対策はコレ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ