タオルドライの正しいやり方!髪を守る効果が抜け毛対策に!

taorudry5-1

こんにちは、ライフです。

タオルドライの正しいやり方で、お風呂上がり、髪の毛を洗った後に髪を乾かしていますか

タオルドライは、髪を守ってくれる効果だけじゃなく、頭皮のトラブルも改善して予防していってくれます。

抜け毛対策にも欠かせない大事な髪の毛の乾かし方なので、正しいタオルドライのやり方について書いていきます。

正しいタオルドライのやり方で、髪や頭皮をしっかりと優しく守って正常な状態に保っていきましょう

スポンサーリンク

なぜタオルドライが重要なのか

お風呂に入って髪の毛を綺麗に洗った後は、タオルで体や髪の毛を拭いて服を着ますよね。

これは、みんなが毎日やっている事なのですが、それは体や髪の毛についている水分を拭き取っていく為ですよね。

体が濡れたままで歩き回ってしまうと床がベチョベチョになっていまいますからね・・・

タオルで髪の水分をとることによって、ドライヤーを使って髪を乾かす時間を短くします。

これがタオルドライの役目というか役割ですよね。

この何気なくやっているタオルドライですが、実は髪や頭皮にとってとても大切なケア対策なのです。

髪が濡れたままの状態が長くなってしまうと髪のキューティクルが開いた状態のままになってしまいますし

ドライヤーを使う時間が長くなってしまうと、ドライヤーの熱によって髪や頭皮の水分を多く奪ってしまいます。

髪のキューティクルが剥がれてしまうと、髪がゴワゴワになってしまうだけじゃなくて、髪の中の成分が減少してしまい髪に大きなダメージを与えてしまいます。

髪の水分が多く奪われてしまうことによって、また髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまいますし

頭皮の水分が少なくなってしまうと、頭皮を保湿力が低下してしまい、頭皮が乾燥して頭皮の血行が悪くなってしまいます。

これらのことが大きな原因となってしまって、抜け毛や薄毛が増えていってしまうので、タオルドライはとても重要になってきます。

髪の毛を濡れたままの状態にしておいてしまうと、頭皮にも髪の毛にも良くないって事はコチラの記事に書いてあります。

頭皮や髪が濡れたままにしておくと!

タオルドライの正しいやり方

タオルドライが髪や頭皮の状態を正常に保っていく為に重要だということについては、わかってもらえたと思います。

そこで、タオルドライで髪の毛の水分を少なくしてから、ドライヤーを使って短い時間で髪の毛を乾かしていきますが

ここで一つ質問なのですが

タオルドライで髪の毛の水分をとっていく時に、体を拭くのと同じようにゴシゴシと力を入れて拭いていますか?

僕もそんな感じで、あまり深く考えないでタオルドライをしていたのですがこれは良くないので注意してください。

体と同じように力を入れてゴシゴシしてしまうと髪が摩擦で傷ついてしまいます。

そこで、正しいタオルドライのやり方についての順番は

タオルドライをする前に髪の水分を取る

タオルで頭皮全体を優しく包むようにする

頭皮をマッサージするように乾かす

髪の毛先をタオルで包んで水分をとっていく

です。

このような感じなので、詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

①タオルドライをする前に髪の水分を取る

タオルドライをする前に髪の水分を取るっていうのは、お風呂から上がる前に、頭を軽く振ったり、手で髪を優しくつまんで、水分を払っておいてください。

タオルドライをする前に、これだけでも髪の毛についた水分はかなり減らす事ができます。

②タオルで頭皮全体を優しく包むようにする

タオルで頭皮全体を優しく包むようにするっていうのは、まずは、タオルで頭皮をぐるっと優しく包むように巻いてください。

これだけでも、髪や頭皮の水分をしっかりとタオルに吸収させていくことができます。

あまり強く巻き過ぎてしまうと、髪同士が擦れてしまいますし、頭を締め付けてしまい血管を圧迫してしまうので、注意してください。

③頭皮をマッサージするように乾かす

タオルで頭皮を包み込んだ後は、頭皮マッサージをするように、頭皮を優しくタオルの上から揉んでいくようにします。

タオルの上から頭皮を揉むことによって、髪や頭皮に付着している水分を上手く吸収していくことができますし

頭皮をマッサージしていることにもなるので、頭皮が凝ってしまっているのを解消して柔らかくしていく効果もあります。

くれぐれもこの時に、力を入れてゴシゴシと揉まないようにしてください。

男性の場合やショートカットなど髪が短い人の場合は、これで十分に髪の水分をとっていくことができます。

④髪の毛先をタオルで包んで水分をとっていく

最後は、髪の毛先をタオルで包んで水分をとっていくですが、これは、女性など髪が長いロングヘアーの人の場合です。

髪が長いとどうしても、毛先や髪の中間などがタオルドライできません

なので、頭皮や髪の根元の水分を吸収することができた後に、頭皮に巻いていたタオルを外して、毛先などをタオルで包むように挟んでください。

そして髪をタオルに挟んだ状態で、また上から優しく揉んだり叩いたりなどして、毛先や髪の中間部分の水分をしっかりと吸収していくようにしてください。

頭皮を一番最初に乾かしてから、後は髪の毛を上から下に向かって水分を順番にとっていく感じですね。

そして、タオルドライで十分水分を取り除いてから、ドライヤーを使って髪の毛を乾かしていきます。

ドライヤーは、髪から20cm離した状態で使っていくようにしてください。

それでも、ドライヤーの熱が気になるイヤな場合は、タオルを当てた状態でタオルの上からドライヤーをしてもらっても効果があります。

ドライヤーの当て方や使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪や頭皮に良いドライヤーの仕方!

タオルドライにおすすめのタオルの種類

タオルドライの正しいやり方については、わかってもらえたと思います。

そこで、タオルドライをより効率よく効果的にやっていくのに使用するタオルの種類があります。

おすすめのタオルの種類は、水分を簡単に多く吸収していってくれる

マイクロファイバーのタオル
木綿のタオル
レーヨンのタオル

などです。

これらのタオルは、タオルが水分を上手く早く吸収していってくれるので、タオルドライとして使うには、おすすめのタオルの種類です。

後は、少し大きめのタオルやバスタオルを使うようにしてください。

小さいサイズのタオルだと、最初に頭皮に巻く時に上手く優しく巻くことが難しいので、できるだけ大き目のタオルを使うようにしてください。

タオルドライの間違ったやり方に注意

タオルドライをしていく時に間違ったやり方に注意してください。

間違ったタオルドライのやり方は

ゴシゴシと力を入れてしまう
長時間してしまう

などです。

タオルドライをする時にゴシゴシを力を入れ過ぎてしまうと、髪同士がタオルの中で擦れてしまったり、タオルと髪が強く擦れあってしまいます。

それによって、髪のキューティクルが剥がれてしまうので注意してください。

タオルドライは、指の腹で優しく行っていくようにしてください。

髪のキューティクルが剥がれて、髪がゴワゴワになってしまう髪がゴワつく原因についてはコチラの記事に書いてあります。

髪がゴワゴワして傷つく5つの事!

そして、タオルドライを長時間してしまうと、頭皮が蒸れてきてしまいます。

頭皮が蒸れてしまうと、殺菌などが多く繁殖してしまうので注意してください。

タオルドライはあくまでも、ドライヤーを使っていく時間を短くする為で、タオルドライだけで髪を乾かしていくのではないです。

頭皮が蒸れてしまって、水虫が発生してしまう頭皮の水虫【しらくも】についてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮に出来てしまう水虫とは!

まとめ

タオルドライの正しいやり方!髪を守る効果が抜け毛対策に!について書いていきました。

タオルドライを正しくやっていくことによって、髪や頭皮の水分を早く吸収させて、ドライヤーを使って乾かしていく時間を短くしてくれます。

これによって、髪や頭皮の状態を正常に保っていくことができます。

しかし、間違ったやり方などをしてしまうと、それが逆に髪や頭皮の状態を悪くしてしまい、抜け毛や薄毛が増えてしまう原因になってしまうので注意してください。

シャンプーの種類によっても頭皮や髪の毛に大きな影響を与えてしまうので、頭皮や髪に良いおすすめのシャンプーについてはコチラの記事に書いてあります。

アミノ酸シャンプーの効果が凄い!

頭皮や髪を綺麗に洗い残しなく洗っていくおすすめの洗い方については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮を綺麗に洗っていく洗い方はコレ!

髪のボリュームをアップさせていく髪の洗い方や乾かし方などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪のボリュームを上手く出す方法!

スポンサーリンク

タオルドライとドライヤーで、髪や頭皮の状態を良くしていきながら、更に抜け毛や薄毛の原因をしっかりと改善していって、髪を太く育毛していってくれる成分を多く含んでいる育毛剤についてはコチラの記事に書いてあります。

ikuouzaibestbotan8-1


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ