髪がゴワゴワになる5つの原因!キューティクルが剥がれる!

こんにちは、ライフです。

 

髪の毛がゴワゴワになってしまって
上手くまとまらなかったり
髪の毛がボワって広がってしまう

 

そんな髪の毛のゴワつきで悩んで
いる時は、原因は髪のキューティクルが
剥がれてしまっています。

 

どうしてキューティクルが剥がれて
しまうのか、その原因となっている
5つの事について書いていきます。

 

ゴワゴワした髪にならないように
するには原因を突き止めないと
いけないですからね。

 

髪の毛を守っているキューティクル

gowagowa28-1

 

髪の毛には1本1本に3つの構成が
あります。

 

それが
・キューティクル
・コルテックス
・メデュラ

 

この3つなのですがわかりやすく
図解説明した記事がコチラに
あるのでよかったら参考にしてください。

髪の毛を染めると細くなる原因!

 

そして髪の毛を守っているのが
キューティクルで髪の毛をコーティング
して外的や中からガードしています。

スポンサーリンク

このキューティクルは魚のうろこのように
重なりあっていて、この重なりの部分が
剥がれてしまったりすると髪の毛は
ボワっとしてしまってゴワゴワしてしまいます。

 

ゴワゴワするだけでも物凄くイヤなのに
それが原因でしっかりと髪の毛をガード
することが出来なくなってしまって

 

剥がれた部分から髪の大切な水分が
蒸発していってしまったり
タンパク質が抜けていってしまったりして

 

それが原因で髪の毛が細くなって
いってしまったり、枝毛が多く作り出して
いってしまうのです。

 

それが更に酷くなっていってしまうと
頭皮トラブルを作り出してしまって
抜け毛が増えてしまったり
薄毛を作り出していってしまう
最悪の自体に繋がっていってしまいます。

 

それほどキューティクルは髪の毛に
とって大事な物なのです。

 

原因を作ってしまう5つの事

 

ではいったいどうしてキューティクルが
剥がれていってしまうのか

 

その原因となっているものは

紫外線
パーマやカラー
シャンプー
ドライヤー
ブラッシング

 

この5つの事が原因でキューティクルが
剥がれやすくなってしまいます。

 

紫外線によって

 

紫外線は目には見えないけど
紫外線を多く浴びてしまうと
肌は日焼けをしてしまいますよね。

スポンサーリンク

それは肌だけではなく髪の毛も
同じことで紫外線を多く浴びて
しまうとそれだけ髪の毛は多くの
熱を浴びてしまいます。

 

この熱が原因で重なりあっている
キューティクルが剥がれてしまいます。

 

そして紫外線はタンパク質も乱して
しまってキューティクルの重なりを
悪くしてしまいます。

 

紫外線はキューティクルだけじゃなく
頭皮の老化も作り出してしまいます。

紫外線が髪や頭皮に与える影響!

 

パーマやカラーによって

 

パーマやカラーをあてる事によって
髪の毛の形を変えたり色を変えたり
することができますが

 

形を変えたり色を変えたりするには
キューティクルを剥がしてその中の
コルテックスに液体を浸透させて
いきます。

 

なのでパーマやカラーによって
自発的にキューティクルを剥がして
いってしまっているのです。

 

カラーの仕組みについては上記の
髪の構成の記事に書いてありますが
パーマについてはコチラに書いて
あります。

パーマの仕組みとダメージ!

 

シャンプーによって

 

シャンプーは髪の毛や頭皮の汚れを
落としてとっていくのに強い洗浄力が
あります。

 

その洗浄力が強すぎるシャンプーを
使っていると髪の毛に必要な水分
まで奪われてしまって

 

それが原因でキューティクルが剥がれ
やすくなってしまいます。

 

髪の水分を逃さないようにしている
キューティクルは水分が少なくなって
しまうと剥がれやすくなってしまうのです。

 

特に市販のシャンプーなどは
汚れを落とす事を第一に考えられて
いるので洗浄力は物凄く強い物が
多いです。

 

洗浄力が強くなく汚れをしっかりと
とってくれてフケや痒みを治してくれる
シャンプーについてはコチラに書いて
あります。

シャンプーでフケや痒みを改善出来る!

 

ドライヤーによって

 

髪の毛は濡れた状態のままだと
髪の毛同士が絡まってしまって
それが原因でキューティクルは剥がれ
やすくなってしまいます。

 

それを防ぐのにしっかりと髪の毛は
早く乾かしていかなければいけない
のですが

 

ドライヤーを使っている時間が長いと
それだけ髪の毛に多くの熱を与えて
しまっているので

 

このドライヤーの熱によって
キューティクルは剥がされていって
しまいます。

 

毎日髪の毛は洗うのが大切ですが
洗った分だけ毎回ドライヤーを
使っていますからね。

 

ブラッシングによって

 

最後はブラッシングによってですが
髪の毛にブラシを入れて動かす
ことによって静電気が起きてしまいます。

スポンサーリンク

この静電気によって髪のキューティクル
が剥がれやすくなってしまいます。

 

これはブラッシングがダメっていう
わけではなくて使うブラシなどが
静電気を起こしやすい場合は
注意してほしいのです。

 

まとめ

 

髪がゴワゴワになる5つの原因
キューティクルが剥がれる
について書いていきました。

 

髪の毛がゴワゴワしてしまって
ゴワついてまとめにくくなってしまったり
広がってしまう場合は

 

髪の毛を守ってくれている
キューティクルがいくつも剥がれて
しまっているからです。

 

一見髪の毛がゴワゴワして髪の毛が
太くなったのではって勘違いして
しまうことがありますが
(僕です・・・)

 

髪の毛が太くなったのではなく
髪の毛が痛んでいる状態です。

 

まとまりがなくゴワゴワしているだけじゃ
なく髪の毛自体がダメージを受けて
しまっていたりして

 

これが髪の毛や頭皮にとても悪い
影響を与えてしまってトラブルを
作ってしまうので注意してください。

 

キューティクルが剥がれないように
する為の改善方法については
コチラの記事に書いてあります。

髪の毛を守ってサラサラに!

 

柔らかい髪と硬い髪の違いは
いったい何なのかについては
コチラの記事に書いてあります。

髪の毛の質の違いはこの2つ!



気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ