ヘアサイクルを乱す5つの原因!薄毛が増える習慣と要因!

usuge5genin19-1

ヘアサイクルを乱す原因は、いったい何なのか

薄毛が増えてきてしまっている

髪が細くなり、なかなか太い髪が育たない

など、髪が少なくなりハゲに近づいていってしまっている

そんな、ハゲの前兆である細毛や薄毛を作り出してしまっている原因は、ヘアサイクルの乱れからです。

ヘアサイクルが乱れて髪を育毛していく周期が短くなってしまっています。

そこで、そんなヘアサイクルの乱れを起こしてしまう習慣や要因となってしまっている5つの原因について書いていきます。

スポンサーリンク

ヘアサイクルの乱れが薄毛を増やす

薄毛になってしまう

ハゲに近づいていってしまうのは、髪の毛が今までのように健康で太い状態を保てなくなってしまっているからです。

髪の毛っていうのは、ヘアサイクルがあって

成長期

退行期

休止期

自然脱毛

このヘアサイクルが正常に機能していることによって、しっかりと成長していき

健康で太い髪を維持していき、その後、自然に抜けていって、また新しく生えてくるものです。

このヘアサイクルが、普通に機能していれば、髪は太くしっかりと頭皮にくっついているのですが

ヘアサイクルが乱れてしまうと、髪が育ちにくくなってしまったり、成長しないまま抜けていってしまいます。

この状態が酷くなって進んでしまうと段々とハゲに近づいていってしまいます。

ヘアサイクルの正常な仕組みや周期や期間などについては、コチラの記事に書いてあります。

健康な正常なヘアサイクルとは!

そして、このヘアサイクルの乱れを作っていってしまう大きな原因としては

頭皮の血行不良
頭皮の皮脂の過剰分泌で起こる酸化による頭皮の炎症
ホルモンの分泌の低下や乱れ
頭皮が硬くなってしまって
男性型脱毛症(AGA)

などのことが、大きな原因となってしまい起こってしまうことが多いです。

ヘアサイクルが乱れる5つの原因を作る習慣と要因

髪の毛が正常に成長しなくなってしまう、ヘアサイクルの乱れを起こしてしまっていることによって、薄毛が急増してしまうことについては、わかってもらえたと思います。

そこで、そんなヘアサイクルの乱れを髪の成長を悪くしてしまう5つの原因を作り出していってしまう悪い習慣と要因として

食生活の乱れによって
睡眠不足によって
ストレス状態によって
遺伝によって
外的な要因によって

などです。

これらの悪い習慣や要因によって、もたらしてしまう影響の蓄積などから、ヘアサイクルが乱れて薄毛を作り出していってしまっていることが多いです。

ヘアサイクルが乱れる原因①食生活の乱れ

ヘアサイクルが乱れる原因の食生活の乱れっていうのは

頭皮の血行が悪くなったり
頭皮の皮脂の分泌量が増えてしまったり

などのことが起こりヘアサイクルが乱れてしまいます。

子供の頃などは、一日三食しっかりと規則正しく食べていたり、家でしっかりとご飯を食べたりしてバランスのとれた食べ物を食べています。

しかし、大人になるにつれて

・外食が増えてしまったり
・好きな物ばかり食べてしまったり

してしまうことが多くなると

コレステロールなどが溜まってしまい血液がドロドロになってしまったり血管が硬くなって伸縮しづらくなってしまったりして、血行不良を起こしやすくしてしまいます。

そして、中性脂肪が多くなってしまい頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

更に、栄養が偏ってしまったり栄養不足になってしまい、髪の毛を育てていくのに大切なタンパク質を上手く摂取出来なくなってしまったり

女性の人の場合だと、過度のダイエットの影響があったり

男性の人の場合だと、暴飲暴食

などの食生活の乱れが、ヘアサイクルの乱れに悪い影響を与えてしまいます。

ヘアサイクルが乱れ、抜け毛や薄毛などの原因を作り出していってしまう髪に良くない食べ物についてはコチラの記事に書いてあります。

髪に悪い影響を与える食べ物は!

ヘアサイクルが乱れる原因②睡眠不足

ヘアサイクルが乱れる原因の睡眠不足っていうのは

頭皮の血行不良
頭皮の皮脂の分泌が増える
ホルモンバランスが乱れる

などのことが起こりヘアサイクルが乱れてしまいます。

眠れていない時っていうのは、交感神経が活発に働いてしまっているので、緊張状態と同じような感じになってしまっていて、血管が収縮されていて、血行不良を起こしやすくしてしまっています。

それと同時に、頭皮の皮脂の分泌量も多くなってしまいます。

さらに、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンが上手く分泌されなくなってしまい、ホルモンバランスを乱してしまったりします。

後は、体の疲れがとれていない、頭をリフレッシュすることができないので様々なストレスの増加にも繋がっていってしまいます。

睡眠不足が与えてしまう悪い影響についてはコチラの記事に書いてあります。

睡眠不足が頭皮や髪に悪い影響を与える!

スポンサーリンク

ヘアサイクルが乱れる原因③ストレス

ヘアサイクルが乱れる原因のストレスっていうのは

頭皮の血行不良
頭皮の皮脂の分泌量が増える
頭皮が硬くなる

などのことが起こってヘアサイクルが乱れてしまいます。

ストレスを受けている時っていうのは、体はそのストレスに対抗する為に緊張状態になってしまっています。

この緊張状態になっている時っていうのは血管が委縮されていて、血液の流れが悪くなってしまいます。

ストレスを多く受けてしまうことによって、自然と皮脂の分泌量が増えていってしまいます。

更に、考えすぎや悩み過ぎや不安な事や心配事などが多ければ多いほど、それも精神的なストレスになってしまい頭皮が硬くなりやすくなっていってしまいます。

ストレスは、薄毛だけじゃなくて白髪の原因になってしまったり円形脱毛症などの大きな原因にも繋がってしまいますからね。

それほどストレスっていうのは、髪と密接な関係にあります。

ストレスが髪に与えてしまう色々な影響についてはコチラの記事に書いてあります。

ストレスが与える髪に悪い影響!

ヘアサイクルが乱れる原因④遺伝

ヘアサイクルが乱れる原因の遺伝っていうのは、男性型脱毛症(AGA)の症状が起こってしまうからです。

男性型脱毛症(AGA)は、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が多くなり毛乳頭にくっついてしまい強制的にヘアサイクルを乱してしまいます。

このジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンという普通に分泌される男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素がくっついて作り出されます。

そして、この5αリダクターゼは、遺伝によって分泌量がほとんど決まってしまっています

なので、男性型脱毛症(AGA)の症状が出てしまうのは、遺伝によるものがほとんどです。

男性型脱毛症(AGA)の仕組みやジヒドロテストステロン(DHT)が作り出されてしまう原因などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

男性型脱毛症(AGA)の仕組みと遺伝の関係!

男性型脱毛症(AGA)の症状が出てしまっている時の症状の特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

男性型脱毛症(AGA)の症状をチェック!

ヘアサイクルが乱れる原因⑤外的な要因

ヘアサイクルが乱れる原因の外的な要因っていうのは

紫外線
髪の洗い過ぎ
帽子のかぶり過ぎ

などです。

紫外線を多く浴びてしまうことによって、頭皮が炎症を起こしてしまい、それが原因となって頭皮の血行が悪くなってしまいます。

髪の毛を多く洗い過ぎてしまうことによって、頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまったりします。

使っているシャンプーの洗浄力が強すぎてしまうことによっても、髪の洗い過ぎと同じように頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

帽子をかぶり過ぎてしまっていると、頭皮を締め付けすぎてしまい、頭皮の血行が悪くなってしまいます。

更に、帽子をずっとかぶっていると頭皮が蒸れてしまい、その頭皮の蒸れによって細菌が多く発生してしまい頭皮が炎症を起こし血行が悪くなります。

紫外線が頭皮に悪い影響を与えてしまう原因については、コチラの記事に書いてあります。

紫外線の影響で頭皮が悪い状態になる!

帽子が抜け毛の原因を作ってしまうのを改善して予防していく対策についてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮を守る帽子の抜け毛を防ぐ方法!

ヘアサイクルを正常に戻すケア対策

ヘアサイクルの乱れを越してしまう、髪の成長が悪くなってしまう大きな5つの原因を作ってしまう悪い習慣や要因などについてはわかってもらえたと思います。

もちろん、これ以外にも色々な事が薄毛を作り出していってしまっています。

その中でも特に、大きい原因や要因になってしまっているのがこの5つのことです。

そして、これらはここ数日や数カ月といった短いスパンではなくて、長年の積み重ねや蓄積によってヘアサイクルの乱れを起こしてしまっています。

なので、ヘアサイクルの乱れを改善して治していくには、これまでの生活を一度見直して

頭皮の血行を良くしていくこと
頭皮の皮脂の過剰分泌を抑えること
ホルモンバランスを整えていくこと
頭皮を柔らかくすること
男性型脱毛症(AGA)を改善していくこと

などのケア対策が重要になってきます。

そこで、これらのヘアサイクルの乱れを改善して治していく為の詳しい対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

ヘアサイクルを正常に戻していく対策方法!

それと、遺伝による原因の男性型脱毛症(AGA)の改善方法としては、育毛剤を使ったケア対策が効果的でおすすめです。

ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出してしまう、5αリダクターゼの分泌を抑えていく成分を直接頭皮に浸透させていきます。

更に、育毛剤を使っていくことによって、頭皮の皮脂の分泌を抑えていったり、頭皮の血行を良くしていくことができます。

そんな、男性型脱毛症(AGA)をしっかりと抑えていき、頭皮の皮脂を抑え血行を良くしていきヘアサイクルを正常に戻して、髪をしっかりと育毛していくおすすめの育毛剤については、コチラに書いてあります。

chapkitaibotan3-3
 

まとめ

ヘアサイクルを乱す5つの原因!薄毛が増える習慣と要因!について書いていきました。

ヘアサイクルが乱れてしまう大きな原因は

頭皮の血行不良
頭皮の皮脂の過剰分泌で起こる酸化による頭皮の炎症
ホルモンの分泌の低下や乱れ
頭皮が硬くなってしまって
男性型脱毛症(AGA)

この5つのことです。

なので、少しでも原因を作り出してしまっている悪い習慣や要因を改善していかなければいけないので注意してください。

一度乱れてしまったヘアサイクルは、自然には正常に戻らないので、ドンドン髪が細くなり抜けていき薄毛が進行していってしまいます。

急に抜け毛が増えてしまった時に、まずはチェックしてほしいことや対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

急に抜け毛が増えた時にチェックすることと対処法!

細くなってしまっている髪を太く戻していくのに大切な3つのことについては、コチラの記事に書いてあります。

細くなった髪を太い髪に戻す対策!

スポンサーリンク

数多くある育毛剤の中で、ヘアサイクルを正常に戻していき薄毛を改善していくのに効果ある育毛剤の成分や料金など気になるランキングについては、コチラの記事に書いてあります。

ikuouzaibestbotan8-1


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ