薄毛が急増して髪が育たない!ヘアサイクルを乱す5つの原因!

こんにちは、ライフです。

薄毛が急増してしまってなかなか太い
髪が育たない段々とハゲに近づいて
いってしまっている

いったいどうしてこんなに薄毛が
増えてしまったのか髪が少なく
なってしまったのかといつも悩んで
しまいます。

ハゲの前兆である薄毛を作り出して
しまっているのはヘアサイクルの乱れ
からです。

そんなヘアサイクルの乱れを起こして
しまう要因となってしまう5つの原因に
ついて書いていきます。

薄毛を招くヘアサイクルの乱れ

usuge5genin19-1

薄毛になってしまうハゲに近づいて
いってしまうのは髪の毛が今までの
ように健康で普通の状態を保てなく
なってしまっているからです。

髪の毛っていうのはヘアサイクルが
あってしっかりと成長していきその
状態を維持して自然に抜けていって
また新しく生えてくるものです。

スポンサーリンク

このヘアサイクルが普通に機能して
いれば髪は太くしっかりと頭皮に
くっついているのですが

ヘアサイクルが乱れてしまうと髪が
育ちにくくなってしまったり成長しない
まま抜けていってしまいます。

この状態が酷くなって進んでしまうと
段々とハゲに近づいていってしまいます。

ヘアサイクルの流れや周期などに
ついてはコチラの記事に書いてあります。

健康な正常なヘアサイクルとは!

そしてこのヘアサイクルの乱れを作って
いってしまう大きな原因としては

血行不良による栄養不足
皮脂の過剰分泌で起こる酸化による頭皮の炎症
ホルモンの分泌の低下や乱れ
頭皮が硬くなってしまって
AGAによる影響
などのことが大きな原因となってしまい
起こってしまうことが多いです。

髪の成長が悪くなる5つの要因

髪の毛が正常に成長しなくなって
しまうヘアサイクルの乱れを起こして
しまっていることによって薄毛が
急増してしまうことについてはわかって
もらえたと思います。

そこでそんなヘアサイクルの乱れを
髪の成長を悪くしてしまう大きな
要因となっている5つの事があって
それが

遺伝によって
食生活の変化よって
ストレス状態によって
睡眠不足によって
外的な要因によって

などで、それぞれの要因によって
もたらしてしまう影響の蓄積などから
ヘアサイクルが乱れて薄毛を作り
出していってしまっていることが多いです。

遺伝によって

遺伝によってっていうのは親や
おじいちゃんなどが薄毛やハゲて
いると自分もハゲやすくなってしまう
ことがあるっていうことなのですが

そのもっとも大きな原因として
AGA(男性型脱毛症)になりやすく
なってしまうということです。

男性ホルモンの分泌などが多く
なりやすくてテストステロンが多く
それがジヒドロテストステロンを
作り出しやすくしてしまいヘアサイクル
の乱れを起こしてしてしまいます。

遺伝によって必ず薄毛になってしまう
ハゲてしまうっていうことはなくて
薄毛にハゲになりやすくなってしまう
っていうことですが詳しくはコチラの
記事に書いてあります。

遺伝によって薄毛になるってホント?

食生活の変化によって

食生活の変化によってっていうのは
子供の頃などは一日3食しっかりと
規則正しく食べていたり家でしっかりと
ご飯を食べたりしていましたが

大人になるにつれて外食が増えて
しまったり好きな物ばかり食べて
しまったりしてしまうことが多くなると

栄養が偏ってしまったり栄養不足
になってしまい髪の毛を育てていく
のに大切なタンパク質を上手く
摂取出来なくなってしまったり

コレステロールなどが溜まってしまい
血液がドロドロになってしまったり
血管が硬くなって伸縮しづらくなって
しまったりして血行不良を起こしやすく
してしまいます。

スポンサーリンク

女性の人だとダイエットの影響が
あったり男性ですと暴飲暴食なども
ヘアサイクルの乱れに悪い影響を
与えてしまいます。

ストレス状態によって

ストレス状態によってっていうのは
ストレスを多く受けてしまうことによって
自然と皮脂の分泌量が増えていって
しまいますし

ストレスを受けている時っていうのは
体はそのストレスに対抗する為に
緊張状態になってしまっています。

この緊張状態になっている時って
いうのは血管が委縮されていて
血液の流れが悪くなってしまいます。

考えすぎや悩み過ぎや不安な事
や心配事などが多ければ多いほど
それも精神的なストレスになって
しまい頭皮が硬くなりやすくなって
いってしまいます。

ストレスは薄毛だけじゃなくて白髪の
原因になってしまったり円形脱毛症
などの大きな原因にも繋がってしまい
ますからね。

それほどストレスっていうのは髪と
密接な関係にあります。

ストレスが髪に与えてしまう色々な
影響についてはコチラの記事に
書いてあります。

ストレスが与える髪に悪い影響!

睡眠不足によって

睡眠不足によってヘアサイクルの
乱れを起こしやすくしてしまうのは
皮脂の過剰分泌を起こしてしまったり

睡眠中に多く分泌されるホルモンが
上手く分泌されなくなってしまい
ホルモンバランスを乱してしまったり

後は睡眠不足自体が寝れない
眠れていたい体の疲れがとれていない
っていう様々なストレスの増加にも
繋がっていってしまいます。

眠れていない時っていうのは自律神経
が活発に働いてしまっているので
緊張状態と同じような感じになってしま
っていて血行不良を起こしやすくして
しまっていますしね。

睡眠不足が与えてしまう悪い影響
についてはコチラの記事に書いて
あります。

睡眠が髪を元気にさせるのは!

外的な要因によって

外的な要因によってっていうのは
帽子をしょっちゅうかぶっていること
などによって頭皮が蒸れやすくなって
しまって細菌などが増えてしまったり

頭を締め付けてしまって血液の流れ
を悪くしてしまったりしてしまうなどの
こともありますし

後多いのが髪の毛の洗い過ぎや
洗浄力の強いシャンプーの使い
過ぎなどによって皮脂の過剰分泌
を起こしてしまっていたりなどが
多いです。

頭皮が蒸れてしまうと細菌などが
繁殖しやすいですし頭皮の炎症
を起こしやすくしてしまいうことも
あります。

毎日のケアと大事な手助け

ヘアサイクルの乱れを越してしまう
髪の成長が悪くなってしまう大きな
5つの要因についてはわかって
もらえたと思います。

もちろんこれ以外にも色々な事が
薄毛を作り出していってしまって
います。

その中でも特に大きい原因や要因
になってしまっているのがこの5つの
ことです。

スポンサーリンク

そしてこれらはここ数日や数カ月と
いった短いスパンではなくて長年の
積み重ねや蓄積によって起こって
しまっています。

なので改善して治していくには
これまでの生活を一度見直してみて
出来ることから修正したり改善して
いかなくてはいけません

そこで大事になってくるのが毎日の
ケアになってくるのですが
それプラスAGAの改善や皮脂の
過剰分泌そして頭皮の炎症などを
治していくのに大きな手助けとなって
くるケア方法として育毛剤などを
使っていくことです。

育毛剤に含まれている成分などは
上記で書いたようなヘアサイクルの
乱れを起こしてしまう原因を少しでも
改善していけるように配合されています。

なので自己ケアの一環として取り入れて
いくのも僕は大切なことだと思います。

出来るだけ少しでも早く悪い状態を
治していきたいですからね。

まとめ

薄毛が急増して髪が育たない!
ヘアサイクルを乱す5つの原因
について書いていきました。

最初はあれ?髪が少し減った?
薄くなっているの?っていう感じ
であまり気にしないかもしれませんが

そう感じてしまうっていうことは
ヘアサイクルは乱れてしまっていますし
その状態は今のままではドンドン加速
して薄毛が急増していってしまいます。

なので少しでも原因を作り出してしま
っている要因を改善していかなければ
いけないので注意してください。

早めの対応や対策がとても大事に
なってきますからね。



気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ