【AGA対策】薄毛を招く5αリダクターゼの正体と仕組み!

aga5aridakutaze9-1

こんにちは、ライフです。

AGA(男性型脱毛症)の原因となってしまう5αリダクターゼの正体とは何か

男性の薄毛の原因としてとても多いAGA(男性型脱毛症)

そんな薄毛を招いてしまうAGA(男性型脱毛症)を作り出していってしまう厄介な原因に5αリダクターゼの分泌があります。

5αリダクターゼとは、いったいどんな物なのか、体にとって必要な物なのか

そして、どうして髪が少なくなっていってしまうAGA(男性型脱毛症)を引き起こしてしまうのか

AGA(男性型脱毛症)を改善していく治していくケア対策に必要なことなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

AGA(男性型脱毛症)の仕組み

男性の薄毛のとても大きな原因となってしまっているものにAGA(男性型脱毛症)があります。

前髪や前頭部の髪が薄く少なくなってしまうM字ハゲ

頭頂部の髪が薄く少なくなってしまうO字ハゲ

など、男性の抜け毛や薄毛に多く見られる症状として多いのは、AGA(男性型脱毛症)がとても大きく関係しています。

そんなAGA(男性型脱毛症)を引き起こしてしまう原因になっているのが、ジヒドロテストステロン(DHT)という普通の男性ホルモンとは違う強力な男性ホルモンです。

このジヒドロテストステロン(DHT)が、毛根に浸透してきてしまい毛乳頭細胞にくっついてしまいます。

そうなってしまうと、毛乳頭が上手く活動出来なくなってしまいます。

それが原因となってしまい髪の毛が育つヘアサイクルを乱してしまい髪の毛が育たなくなって細くなってしまったり抜けやすくなっていってしまいます。

ジヒドロテストステロン(DHT)が作り出せれる過程っていうか仕組みや原因となってしまっているのは

普通の男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素がくっついてしまうことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)が生み出されていってしまいます。

薄毛の原因として多いAGA(男性型脱毛症)についてはコチラの記事にも詳しく書いてあります。

AGAと男性ホルモンの関係!

5αリダクターゼの正体と分泌量の原因

M字ハゲやO字ハゲといった薄毛を作り出していってしまう大きな原因になってしまっているのが、AGA(男性型脱毛症)の症状であるっていうのはわかってもらえたと思います。

そして、男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素がくっついてしまう
ことによって

髪が育たなくなってしまうジヒドロテストステロン(DHT)を作り出してしまいます。

そこで、男性ホルモンは知っているけど、5αリダクターゼと言われる酵素っていったい何者なの?って感じですよね。

そもそも酵素っていうのは、タンパク質から作られていて

代謝や栄養を上手く吸収したり、エネルギーを作り出してくれるとても大事な役割があるのですが、5αリダクターゼは違うの?って思ってしまいます。

この5αリダクターゼという酵素も、もちろん男性ホルモンであるテストステロンを補助してくれる役割を持っていて、骨や筋肉などを作り出していくのをサポートしてくれています。

しかし、分泌量が多くなってしまったりするとテストステロンとくっつきやすくなってきてしまうのです。

では、いったいどうして5αリダクターゼの分泌量が多くなってしまうのかっていうと

これは、まだ詳しいことはわかっていないのですが遺伝によって違ってくることが多いそうです。

そして、この5αリダクターゼには、2つの種類があって

それがⅠ型とⅡ型と言われているものです。

Ⅰ型っていうのは体の色々な場所から分泌されていて

Ⅱ型っていうのは前頭部と頭頂部から分泌されています。

このⅡ型と言われる5αリダクターゼが、AGA(男性型脱毛症)を引き起こしてしまう原因になってしまっています。

AGA(男性型脱毛症)の初期症状や前兆などの髪の状態についてはコチラの記事に書いてあります。

気になるAGAの症状の前兆とは!

スポンサーリンク

AGA対策にまず必要な対策

AGA(男性型脱毛症)を改善していくには、ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出さないようにしていかなくてはいけません

その為に必要になってくることは、5αリダクターゼと言われる酵素を出来るだけ多く分泌させていかないようにしなくてはいけません

でも、5αリダクターゼの分泌量を減らしていきたくても遺伝によるものだから無理なんじゃないの?

って思ってしまいますよね。

確かに遺伝による物が多いですが、少しでも分泌を抑えていくことが出来ることがあって

それが、食べ物育毛剤に含まれている成分AGAクリニックなどで治療をしていくことです。

5αリダクターゼを抑制していく食べ物として、おすすめなのがイソフラボンや亜鉛です。

偏った食生活はもちろんよくないですし、バランスのとれた毎日の食生活は大事になってきますが、それプラス少しでも心がけてみてください。

AGA(男性型脱毛症)を改善して予防していくのに、おすすめの食べ物についてはコチラの記事に書いてあります。

AGA対策に大切な食べ物とは!

育毛剤に含まれている成分っていうのは、その育毛剤によっても違ってきますが頭皮の血行をよくしてくれたり頭皮の炎症を抑えてくれたりと色々あります。

それらの成分は、もちろん髪の毛や頭皮を正常な状態にしていくのに欠かせない成分で必要ですが

それプラス5αリダクターゼなどをしっかりと抑えていく成分としてオウゴンエキスチョウジエキスが含まれているものがおすすめです。

髪を育てていくのに大切な有効成分やAGA対策に必要な成分なども、しっかりと含まれている育毛剤についてはコチラの記事に書いてあります。

chapkitaibotan3-3

まとめ

【AGA対策】薄毛を招く5αリダクターゼの正体と仕組みについて書いていきました。

AGA(男性型脱毛症)は、髪が育つヘアサイクルを乱してしまうジヒドロテストステロン(DHT)が、毛根から侵入してしまって症状を作り出してしまいます。

そのジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンが原因と言われることが多いですが

実は、5αリダクターゼという酵素が大きく関係してきてしまっています。

なので、この5αリダクターゼを出来るだけ多く分泌させないように防いでいくことが大切になってくるので気をつけてください。

AGA(男性型脱毛症)は、症状が出るまで髪が薄くなってくるまでなかなか自分では気づかないですし

症状が出てきてしまうと、その状態をそのままにしておいても治ることはないので、しっかりとしたケアや対策が必要になってくるので注意してください。

5αリダクターゼの分泌量を抑えていく為の対策などについてはコチラの記事に色々な種類の方法などが書いてあります。

5αリダクターゼの分泌を減らす対策方法!

AGA(男性型脱毛症)は、もちろん髪や頭皮のトラブルの原因となってしまう物を予防していく為に大切な自己ケアとして生活習慣の見直しについてはコチラの記事に書いてあります。

抜け毛薄毛対策に大切な生活習慣!

つむじが大きくなってきてしまうつむじハゲの症状の見分け方などについてはコチラの記事に書いてあります。

つむじハゲになっているか確認方法!

スポンサーリンク

AGA(男性型脱毛症)の原因となってしまうのを抑えていき髪をしっかりと育毛していく、おすすめの育毛剤を比較したランキングはコチラです。

ikuouzaibestbotan8-1


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ