AGAの原因となる男性ホルモンの分泌量が増える原因とは!

こんにちは、ライフです。

薄毛や抜け毛の原因として多いのが
AGA(男性型脱毛症)です。

ヘアーサイクルが乱れてしまい
髪の毛の成長を止めてしまって
段々とハゲに近づいていってしまいます。

そんなAGAの原因の一つとして
男性ホルモンであるテストステロンの
過剰分泌があります。

いったいどうして男性ホルモンの
分泌量が増えてしまうのか
原因となっているものはいったい
何なのか

毎日の生活の中で注意していかなく
てはいけない行動などについて
調べてみました。

AGAの原因に繋がる男性ホルモン

danseihorumonfuerugenin23-1

髪の毛が少なくなってしまったり
薄毛になっていってしまったり
する原因は色々ありますが
そんな中で特に原因として多い
のがAGA(男性型脱毛症)です。

スポンサーリンク

AGAの大きな特長として
前髪が薄くなってしまったり
頭頂部が薄くなってしまったり
などの症状です。

そんなAGAを作り出してしまう原因
として男性ホルモンである
テストステロンと5-αリダクターゼと
いう酵素がくっついてしまい
DHT(ジヒドロテストステロン)
という強力なホルモンを作り出してしまい

このDHTが髪の毛の成長を短くして
しまったり止めてしまって髪の毛が
成長出来なくなってしまい細くなって
しまったり抜けていったりしてしまいます。

男性ホルモンっていうのは筋肉や骨を
形成していったりするのに必要な
ホルモンなのですが5-αリダクターゼと
くっついてしまうと髪の毛にとっては
良くない悪い影響を与えていって
しまいます。

なのでAGAを予防していったり改善
していくには男性ホルモンが過剰分泌
してしまうのを抑えていったり
5-αリダクターゼの分泌を抑えていく
対策が必要になってきます。

AGAの仕組みや5-αリダクターゼとは
いったい何なのかについてはコチラの
記事に書いてあります。

AGAが起こる仕組みと原因とは!

男性ホルモンの分泌量を増やす物

AGAの原因を作り出してしまうのに
男性ホルモンが関係しているって
いうことについてはわかってもらえた
と思います。

スポンサーリンク

そこで男性ホルモンの分泌量が増えて
しまう原因とはいったいどんなことが
あるのかっていうと

ストレスによって
睡眠不足によって
偏った食生活によって
激しい運動によって

などのことが原因となってしまい
男性ホルモンの分泌量が増えて
いってしまうことがあります。

ストレスによって

ストレスによってっていうのは
ストレスを受けた時っていうのは
そのストレスに対抗できるように
体はコルチゾールという
抗ストレスホルモンを多く分泌します。

このコルチゾールが多く分泌されて
しまうと男性ホルモンの分泌量も
増えていってしまいます。

肉体的ストレスもそうですし
精神的ストレスもそうですね。

睡眠不足によって

睡眠不足によってっていうのは
しっかりと睡眠をとることによって
体や脳の疲れをとっていって
それによって体や脳がリフレッシュ
されるのですが

それが出来なくなってしまいそれが
原因となってしまってストレスを
感じてしまったり蓄積させていったり
してしまいます。

偏った食生活によって

偏った食生活によってっていうのは
脂っこい食べ物やタンパク質など
動物性タンパク質ばかりを多く
食べてしまっていると男性ホルモンの
分泌量が多くなってしまいます。

激しい運動によって

激しい運動によってっていうのは
体を激しく酷使してしまう運動や
きつい筋トレなどをしてしまうと

それによって筋肉が強く刺激されて
しまい男性ホルモンの分泌量が
増えていってしまいます。

これらのことによって男性ホルモンの
分泌量が増えてしまったり過剰分泌
されていってしまうことが多いです。

最初にも書きましたが男性ホルモンが
悪いっていうのではなくて
過剰に分泌されてしまうとそれだけ
5-αリダクターゼとくっついてしまう
可能性が高くなってしまうので
注意しなくてはいけません

スポンサーリンク

後は女性ホルモンの分泌量が低下して
しまうとホルモンバランスが乱れて
しまい男性ホルモンが多く分泌される
ようにもなってしまいます。

AGAの兆候や前兆などについては
コチラの記事に書いてあります。

AGAの兆候をいち早くチェック!

まとめ

AGAの原因となる男性ホルモンの
分泌量が増える原因とは
について書いていきました。

薄毛や抜け毛の大きな原因になって
しまっていることが多いAGA

そんなAGAが起こってしまうのは
男性ホルモンであるテストステロン
と5-αリダクターゼがくっついて
合体してしまうことです。

分泌量が多くなってしまうと
それだけくっついてしまう可能性が
高くなっていってしまいます。

そして男性ホルモンの分泌量が増えて
しまう色々な原因はわかってもらえたと
思いますが

これらの原因は皮脂の過剰分泌など
を起こしてしまう頭皮トラブルなど
の原因にもなってしまうので注意
してください。

AGAの症状はとても進行が早くて
気づかないうちにドンドンと髪が
少なくなっていってしまうので
しっかりとケアしていかなくては
いけないです。

自己ケア対策として生活習慣の見直し
はもちろん重要になってきますが
育毛剤などを使ってしっかりとケア
していくのも大きな手助けになるので
検討していくのもいいと思います。

AGAを改善して予防していくのに
いい育毛剤についてはコチラの記事
に書いてあります。

髪が少なくなるのを改善する育毛剤


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ