髪の静電気がひどい多い原因!ダメージヘアが抜け毛に影響!

kamiseidenki25-1

こんにちは、ライフです。

髪の静電気がひどい多い原因は何なのか

寒い冬の季節などに多く起こってしまうのが急にバチッと電気が走ってしまう静電気です。

物に触った瞬間とかに起きてしまいますが髪の毛もブラシで髪をといだ時などにひどい発生してしまいます。

そんな痛い思いをしてしまう静電気は、髪の毛にとってとても悪いもので静電気を多く発生させてしまうと

髪は大きなダメージを受けてしまいそれが影響してしまい抜け毛の原因へと繋がっていってします。

どうして静電気が起きてしまのか髪はどのようなダメージを受けてしまうのかについて書いていきます。

スポンサーリンク

静電気が急に起きる原因は乾燥

寒い冬の時期の代名詞とも言えるのが静電気ですよね。

静電気が多く発生してしまのは空気が乾燥しているからだと言われます。

いったいどうして空気が乾燥していると静電気が起こりやすくなってしまうのかというと

僕たち人間の体内や物などの物質には全てプラスとマイナスの電気をもっています。

このマイナスの電気が少なくなってしまい、物に触ったり触れたりした時に多くマイナスの電気を引き寄せようとして強い力が働いて静電気が起こります。

このプラスとマイナスは何か物に触るとマイナスの電気がプラスの方に移っていきます。

そうするとマイナスの電気が少なくなってしまいますよね。

本来ならば、このマイナスの電気が少なくなってしまうのを血液に含まれているマイナスイオンや空気中にある水分などで補っています。

しかし空気が乾燥していると水分が少ないのでマイナスの電気を上手く吸収することが出来なくなってしまいます。

そうなるとプラスの電気が多くなってしまって、その状態で物に触れたり触ったりした時に少しでも多くのマイナスを引き寄せようとして強い力が働いて静電気が起きてしまうのです。

なので寒い季節の乾燥しやすい冬場になると水分が少なくなってしまいマイナスの電気を上手く作れなくなってしまって静電気が多く発生してしまうのです。

逆に、じめっとした梅雨の時期などは静電気が起こりにくいですからね。

梅雨の時期に注意したい頭皮トラブルなどについてはコチラの記事に書いてあります。

梅雨は頭皮トラブルの原因がいっぱい!

髪の静電気がひどい多い3つの原因

静電気が起きてしまう原因についてはわかってもらえたと思います。

ではどうして髪の毛に多く静電気が発生して起きてしまのかというと

ブラシによって
ドライヤーの熱によって
頭皮の乾燥やトラブルによって

この3つのことが大きな原因になっています。

ブラシによって髪に静電気が起こる原因

ブラシによって髪に静電気が起こる原因っていうのは、特に女性の方に多い原因です。

女性の方は特になのですが男性に比べて髪の毛の長さが長いですよね。

そうすると髪同士がくっついてしまいやすいです。

この髪の毛がくっついてしまって触れている時にマイナスの電気は少なくなってしまっています。

そしてブラシなどで髪の毛をといだ時にブラシの持っているプラスの電気がマイナスの電気を一気に集めようとして静電気が起きてしまいます。

ドライヤーの熱によって髪に静電気が起こる原因

ドライヤーの熱によって髪に静電気が起こる原因っていうのは、お風呂上りなどに髪の毛を乾かすのにドライヤーを沢山使ったりしますよね。

そのドライヤーの熱によって髪の水分が多く奪われてしまってマイナスの電気を吸収しにくくなってしまいます。

そしてマイナスの電気が少なくなってしまい静電気が起こりやすくなってしまいます。

頭皮の乾燥やトラブルによって髪に静電気が起こる原因

頭皮の乾燥やトラブルによって髪に静電気が起こる原因っていうのは、頭皮が乾燥してしまっていたり頭皮トラブルなどを起こしてしまっていると髪の毛の水分が少ない状態になってしまっていることが多いです。

そうなってしまうと上手くマイナスの電気を作り出す事が出来なくなってしまているので静電気が起こりやすくなってしまいます。

静電気によって髪の毛自体がダメージをおってしまって余計に水分が少ない状態になってしまったりもしてしまいます。

頭皮が乾燥してしまう様々な原因についてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮の乾燥を作ってしまう原因は!

スポンサーリンク

静電気でキューティクルが剥がれてダメージヘアになる

髪の毛の静電気がひどい多くなってしまう原因についてはわかってもらえたとおもいます。

その静電気によって髪の毛がダメージを受けてしまうっていうのを書きましたが、いったい静電気によってどのようなダメージを髪の毛が受けてしまうのかというと

髪が細くなってしまったり
枝毛が増えてしまったり

などのダメージヘアです。

髪の毛の水分というのはCMCという髪のキューティクルとキューティクルの間にある細胞膜複合体という場所に水分があります。

まずはこの水分が無くなってキューティクルが剥がれやすい状態になってしまいます。

このキューティクルが剥がれやすくなってしまっている状態で今度は

静電気の強い衝撃を受けてしまうとキューティクルが完全に剥がれしまいます。

キューティクルは髪の毛を外的から守る役目と髪の毛の成分を外に出さないようにする役目があるから何層にも厳重に重なっているのですが

そのキューティクルが剥がれてしまうことによって髪の毛の中にある水分も多く無くなってしまいますし

髪の毛の成分の大半を占めているタンパク質なども少なくなってしまって髪の毛が細くなってしまったり枝毛なども多く増えてしまいます。

髪の毛の成分や仕組みについてはコチラの記事に書いてあります。

髪の毛を作っている仕組みと枝毛とは!

抜け毛や薄毛が増える原因にも繋がる

髪のダメージが酷くなってしまうと今度はそれが原因となってしまって抜け毛や薄毛へと繋がっていってしまいます。

頭皮が乾燥しているっていうだけでも頭皮の状態が悪くなり頭皮の血行不良などが大きな抜け毛や薄毛の原因になってしまうのに

静電気によって色々なホコリなどを集めてしまったりフケが大量に作り出されてしまったりなどしてそれが頭皮トラブルとなっていってしまい抜け毛や薄毛が増える原因になってしまいます。

フケが大量に出てきてしまう原因についてはコチラの記事に色々な原因が書いてあります。

フケが多くなってしまう大きな7つの原因!

髪に静電気が起きてしまうのを予防していく方法についてはコチラの記事に書いてあります。

髪を痛める静電気を防ぐ予防対策!

静電気対策や抜け毛予防に効果ある髪の乾かし方やブラシの使い方などについてはコチラの記事に書いてあります。

髪の正しい乾かし方とブラシの使い方!

まとめ

髪の静電気がひどい多い原因!ダメージヘアが抜け毛に影響について書いていきました。

冬の寒い時期に多く発生してしまう静電気は空気が乾燥していてマイナスの電気を上手く作り出せなくなってしまっています。

そしてその静電気を受けてしまうことによって髪の毛は余計に水分を奪われていってしまいますし髪のダメージへと繋がっていってしまいます。

それが抜け毛や薄毛の原因へと発展していってしまうことが多いので髪の毛の静電気はとても注意して出来るだけ静電気が起きないようにしていかなくてはいけません

乾燥から頭皮を守っていくおすすめの頭皮保湿の方法についてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮をしっかりと保湿していく対策方法!

静電気以外にも寒い冬の時期に女性は特に注意してほしい髪に悪い影響を与えてしまう物についてはコチラの記事に書いてあります。

冬に女性の抜け毛が増える原因は!

髪質が以前と変わってしまって髪の状態が悪くなってしまう大きな原因となっている物についてはコチラの記事に書いてあります。

髪質が悪くなってしまう原因とは!

スポンサーリンク


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ