生え際が薄い!前髪が後退しやすい4つの原因と止める対策!

haegiwausuigenintaisaku24-1

こんにちは、ライフです。

生え際が薄い

前髪が後退してきておでこが広くなってきている

抜け毛や薄毛の症状でこのように生え際が薄くなってきてしまったり前髪が後退してきてしまっている症状で悩んでいる人はとても多いです。

いったいどうして生え際や前髪が他の場所と比べてこのように薄くなってきてしまうのか

その大きな原因として4つのことがあります。

4つの原因と生え際が薄くなってきてしまうのを止める為の対策方法について書いていきます。

スポンサーリンク

生え際が薄くなり後退しやすい4つの原因

抜け毛や薄毛で悩んでいる人の多くが生え際が薄くなってきてしまったり前髪が後退してきてしまいおでこが広くなってきています。

生え際や前髪以外の場所は特に薄くなったりしていないのにどうして生え際や前髪が薄くなってきてしまっているのか

その大きな4つの原因として

生え際の頭皮は硬くなりやすい
生え際は血行が悪くなりやすい
生え際の頭皮は上手く洗えていない
生え際は5αリダクターゼが多く分泌される

などがあります。

生え際の頭皮は硬くなりやすい

生え際の頭皮は硬くなりやすいっていうのは頭皮が硬くなりやすい原因としてはストレスや頭皮の乾燥や頭皮の炎症や頭皮の血行不良などがあります。

確かにこれらのことによって頭皮は硬くなりやすいのですが生え際の場合はこれらに加えて目の疲労皮脂の分泌量の多さなどが大きく影響してきてしまいます。

生え際の頭皮っていうのは目ととても近い場所にあり筋肉は繋がっています。

なので眼精疲労などで目が疲れてしまい目の周りの筋肉が硬直してしまうと生え際の筋肉も同じように硬くなってしまいそれが頭皮を硬くしていってしまいます。

あと仕事に集中している時など眉間にシワがよっていることが多いです。

この眉間にシワがよっていることによって生え際の皮膚も引っ張られてしまい頭皮が硬くなっていってしまいます。

そしておでこは顔の中でも特に皮脂の分泌量が多い場所です。

皮脂の分泌量が多い上に紫外線も多く浴びやすい場所なのでそれによって劣化が起こりやすくなってしまい頭皮が硬くなっていってしまいます。

なので生え際の頭皮っていうのは他の場所と比べて硬くなりやすいです。

目の疲れや眼精疲労によって頭皮の状態が悪くなり抜け毛や薄毛の原因を作ってしまうことについてはコチラの記事に書いてあります。

目の疲労が抜け毛の原因を作ってしまう!

生え際は血行が悪くなりやすい

生え際は血行が悪くなりやすいっていうのは上記で書いたように生え際の頭皮っていうのは硬くなりやすくその影響によって頭皮の血行も悪くなってしまいます。

しかし生え際の血行が悪くなりやすいっていうのはそれだけじゃなくて実は生え際っていうのは頭皮の中でも毛細血管が少ない場所でもあります。

毛細血管っていうのは髪を作り出していく毛乳頭に血液を届けるとても大切な血管です。

なので毛細血管の数が元々他の場所と比べて少ない上に頭皮が硬くなりやすく血液の流れ自体が悪くなってしまうとより一層毛乳頭に血液を届けていくことが出来なくなってしまい髪の育毛が出来なくなってしまいます。

血液から栄養素をもらって髪が育毛されていく仕組みについてはコチラの記事に書いてあります。

髪の育毛と血液の流れの関係!

そして血行が悪くなってしまうと古いダメージを受けてしまった頭皮の角質を新しい角質に作り変えていく頭皮のターンオーバーの周期が乱れてしまい正常で健康な頭皮の状態を保っていくことが出来なくなってしまい更に生え際の頭皮の状態が悪くなっていってしまいます。

頭皮のターンオーバーとはいったい何か正常な頭皮を作り出していく仕組みについてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮のターンオーバーの仕組み!

生え際の頭皮は上手く洗えない

生え際の頭皮は上手く洗えないっていうのは普段髪の毛を洗っている時っていうのは頭皮全体を綺麗に洗っているつもりでも実は生え際や前髪っていうのは綺麗に洗えていないことが多いです。

頭頂部やサイドそして後頭部などは洗いやすいですが生え際っていうのはシャンプーが目に入りやすかったりして他の場所と比べてゆっくりと丁寧に洗えていないです。

先ほども書きましたがおでこは皮脂の分泌量が多いのでその影響で生え際にも多くの皮脂がついてしまっています。

頭皮を綺麗に洗えていないっていうことはそれだけ皮脂や汚れなどが残ってしまっていることが多くそれによって毛穴詰まってしまったりしやすくなってしまいます。

それが原因となって頭皮トラブルを起こしやすくしていってしまいます。

生え際は5αリダクターゼが多く分泌される

生え際は5αリダクターゼが多く分泌されるっていうのは生え際が薄く前髪が後退しやすい一番大きな原因になるAGA(男性型脱毛症)による薄毛です。

AGA(男性型脱毛症)と言われる脱毛症は髪を作り出していく毛母細胞にジヒドロテストステロンという普通の男性ホルモンとは違う強力な男性ホルモンがくっついてしまうことによって強制的に髪の育毛を止めていってしまいます。

このジヒドロテストステロンは普通の男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素がくっついた時に作り出されてしまう強力な男性ホルモンです。

その5αリダクターゼが多く分泌されてしまうのが前髪の生え際頭頂部です。

なので5αリダクターゼの分泌が少ない他の場所は薄毛になりにくいのですが生え際は薄毛になりやすくなってしまいます。

AGA(男性型脱毛症)が薄毛を作り出してしまう仕組みや5αリダクターゼなどについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

AGAの仕組みと5αリダクターゼ!

抜け毛や薄毛の原因を多く作ってしまう

生え際が薄くなりやすい前髪が後退しやすい4つの大きな原因についてはわかってもらえたと思います。

生え際は頭皮の中でも特に頭皮が硬くなりやすいかったり血行が悪くなりやすかったりして

頭皮のターンオーバーが乱れる
ヘアサイクルが乱れる
AGA(男性型脱毛症)になる

などの抜け毛や薄毛の原因を多く作りやすい場所です。

頭皮のターンオーバーの周期が乱れてしまうことによって健康で正常な頭皮を維持していくことが出来なくなってしまったり

頭皮の硬化や血行不良によって髪が育毛されていくヘアサイクルの流れが短くなってしまったり

AGA(男性型脱毛症)によってヘアサイクルの乱れよりも更に強制的に髪の育毛を止められてしまったりしてしまいます。

髪の毛が成長していく育毛されていくヘアサイクルの流れや周期などについてはコチラの記事に書いてあります。

髪が育ち抜けていくヘアサイクルの流れ!

スポンサーリンク

生え際の髪が少なくなるのを止める対策

生え際は頭皮の中でももっとも抜け毛や薄毛の原因を作りやすい場所っていうことはわかってもらえたと思います。

そんな生え際が薄くなる前髪が後退していってしまう髪が少なくなっていってしまうのを止める為の対策として

頭皮を柔軟にしていく対策
頭皮の血行の流れを良くしていく対策
生え際をしっかりと洗っていく対策
5αリダクターゼの分泌を抑えていく対策

などが重要になってきます。

頭皮を柔軟にしていく対策

頭皮を柔軟にしていく為の対策としては

ストレスを上手く解消していくこと
頭皮の乾燥を防いでいくこと
頭皮の炎症を防いでいくこと

など多くのことがあります。

そして何よりも生え際の頭皮の場合は目が疲れすぎないようにしっかりとケアしていくことです。

目の疲れを解消していくにはしっかりと睡眠をとっていくことはもちろん大事です。

それと仕事中や日中などにも適度に休ませていくことです。

その為のおすすめの方法として

瞬きを意識的に多くする
目の周りを温めてあげる
目の疲れを解消するツボを押す

などがあります。

目を上手く休ませていく詳しい方法やツボの位置などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

目の疲れをコリを解消する方法!

そして硬くなってしまっている頭皮を柔らかくしていくのにおすすめのマッサージやツボなどについてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮を柔軟にする簡単なマッサージ!

頭皮の血行の流れを良くしていく対策

頭皮の血行を流れを良くしていく対策としては頭皮を柔軟にしていくことが大事です。

頭皮が硬くなってしまうとどうしても血液の流れは悪くなってしまいます。

血液自体の流れを良くしていくのにワカメなどの海藻類ほうれん草や落花生などのビタミンEを多く含んでいる食べ物などもおすすめです。

そしてストレスを溜め込まないようにしたり一日5時間以上はしっかりと睡眠をとっていくことなど生活習慣の改善が大事になってきます。

頭皮の血液の流れを良くしていく為に日ごろから心がけていってほしいケア対策方法についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

頭皮の血行促進に欠かせないケア対策!

頭皮の血行を良くしていくのにおすすめのツボについてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮の血行を良くするツボ!

生え際をしっかり洗っていく対策

生え際をしっかり洗っていく対策っていうのは生え際などもしっかりと丁寧に洗っていくっていうことです。

自分ではしっかりと洗っているつもりでも上手く洗えていなかったり洗い忘れがあったりするので注意してください。

頭皮の洗い忘れを予防するおすすめの洗い方についてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮全体をしっかりと洗う洗い方!

5αリダクターゼの分泌を抑えていく対策

5αリダクターゼの分泌を抑えていく対策っていうのはAGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロンを作り出さないようにしていくっていうことです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼがくっついた時に作り出されてしまいます。

なのでテストステロンと5αリダクターゼがくっつかないように両方を抑えていかなくてはいけないのですが男性ホルモンは筋肉や骨格などを作るのにとても必要な物です。

そこで5αリダクターゼを出来るだけ分泌されないようにしていくことがポイントになってきます。

5αリダクターゼの分泌量を抑えていくのにおすすめの食べ物としてはイソフラボンを多く含んでいる大豆類亜鉛を多く含んでいる牡蠣やレバーなどです。

しかし厄介なことにこの5αリダクターゼの分泌量は遺伝によるところが多いので人によって分泌量が違います。

なので効率よく効果的に5αリダクターゼの分泌量を抑えていくには生活習慣の改善だけじゃなく育毛剤を使用していったりAGAクリニックに通って治療をしていくことです。

5αリダクターゼの分泌量を抑えていく方法についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

5αリダクターゼの分泌を減らす方法!

生え際の髪を増やす方法

生え際の髪が少なくなってしまうのを止めていく為に大切な対策についてはわかってもらえたと思います。

生え際の髪が薄くなっていってしまうのを止めるのに

頭皮を柔軟にしていく対策
頭皮の血行の流れを良くしていく対策
生え際をしっかりと洗っていく対策
5αリダクターゼの分泌を抑えていく対策

が大切になってきますが生え際の髪の毛をまた元気に育毛させていくにはAGA(男性型脱毛症)の症状をしっかりと抑えて改善していかなくてはいけません

頭皮を柔軟にして血液の流れを良くしてヘアサイクルの流れを正常に戻していってもジヒドロテストステロンが発生してしまったままの状態だと髪を育てていくことができません

なのでジヒドロテストステロンを作り出さない為に5αリダクターゼの分泌をしっかりと抑えていかなくてはいけないのです。

5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって多くが決まってしまっているので食生活の改善だけでは分泌が始まってしまっている場合は完全には抑えていくことができません

そこで重要になってくるのがしっかりとしたケア対策でその為には

5αリダクターゼの分泌を抑えていく成分を含んでいる育毛剤の使用もしくは専門のAGAクリニックでの治療です。

5αリダクターゼの分泌を抑えていく為の育毛剤に含まれている成分としてはオウゴンエキスヒオウギ抽出エキスなど

専門のAGAクリニックではプロペシア(フィナステリド)などの治療薬や施術を行って改善していきます。

効果が高いのはやはり専門のAGAクリニックに通ってしっかりとAGAの治療をしていくことですがAGAクリニックは保険適用外なので費用がもの凄く高くなってしまうのと薬による副作用などが出てしまうことがあります。

しかし生え際の少なくなってしまった髪を増やして戻していきたい場合はこのどちらかのケア対策が必要になってきます。

生え際が薄くなってきて心配だけどまだそれほど見た目には酷くないっていう場合は育毛剤を使ってケア対策していく

生え際の薄毛がかなり進行してきてしまっている場合はしっかりと改善していく為にAGAクリニックに通って治療していく

そして上記で書いたケア対策をしっかりと行っていくようにしてください。

育毛剤とAGAクリニックの費用の違いなどについてはコチラの記事に書いてあります。

育毛剤とAGAクリニックの費用の違い!

スポンサーリンク

まとめ

生え際が薄い!前髪が後退しやすい4つの原因と止める対策について書いていきました。

生え際は他の場所と違って頭皮の状態が悪くなりやすい場所だったりAGA(男性型脱毛症)の症状が起こってしまう場所です。

それらによって薄くなりやすかったり前髪が後退しやすくなってしまいます。

なので日常生活から気をつけてケア対策して頭皮が悪くなってしまうのを防いでいき

すでにAGA(男性型脱毛症)の症状が出てしまっている場合は育毛剤を使用していく

AGAクリニックに通って治療するなどの対策をしっかりととっていってください。

AGA(男性型脱毛症)の兆候や症状などについてはコチラの記事に書いてあります。

AGAの兆候と症状をしっかりとチェック!

5αリダクターゼの分泌量を抑えていき頭皮の状態を良くしていき生え際の薄毛を改善していってくれるおすすめの育毛剤についてはコチラに書いてあります。

chapkitaibotan3-3


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ