薄毛の原因となる男性ホルモンを減らす方法でおすすめは!

aga4-1

chapkitaibotan3-3
こんにちは、ライフです。

薄毛の原因となっている男性ホルモン、この男性ホルモンを減らしていく事が出来れば薄毛も改善されていきます。

男性ホルモンを減らしていくにはどうすればいいのか

毎日の生活から効率よく減らしていく方法やおすすめのサプリメントや育毛剤などについて書いていきます。

スポンサーリンク

男性ホルモン(テストステロン)を減らす対策方法

男らしいしっかりとした筋肉を作っていってくれる男性ホルモン(テストステロン)

しかし、男性ホルモンが原因で前髪や頭頂部の薄毛や抜け毛の原因になってしまう男性型脱毛症(AGA)の症状が出てしまうというのは前回の記事に書いていきました。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモン

そこで、男性ホルモン(テストステロン)が過剰分泌しないように抑えて減らしていく為の対策方法として

ストレスを溜め込まない
脂っこい食べ物ばかり食べない
過度の筋トレをしない

などがおすすめです。

男性ホルモンを減らすストレス対策

ストレスが増えてしまうとそのストレスに対抗する為に抗ストレスホルモンが分泌されます。

その抗ストレスホルモンが増えると男性ホルモンの分泌も増えてしまうので、ストレスを上手く解消して溜め込まないようにしてください。

簡単に出来るストレス解消法としては

お風呂にゆっくり入る
適度に体を動かして汗をかく
趣味の時間を増やす

など、できるだけリラックス出来る時間を増やしていくようにしてください。

男性ホルモンを減らす脂っこい食べ物ばかり食べない

脂っこい食べ物ばかり偏って食べてしまうと、男性ホルモンの分泌量が多くなってしまうので、肉類よりも魚類を多く食べたり、野菜類などもバランス良く食べていってください。

後は、大豆などのイソフラボンを多く含んでいる食べ物を食べることによって女性ホルモンの割合が増えて男性ホルモンを減らしていくことができます。

男性ホルモンを減らしていく食べ物についてはコチラの記事に書いてあります。

男性ホルモンを効果的に抑える食べ物!

男性ホルモンを減らす過度の筋トレをしない

男性ホルモンは筋肉を作り出していってくれるので、過度の筋トレなどをしてしまうとどうしても男性ホルモンは増えてしまいます。

なので、薄毛や抜け毛などが心配な場合は、できるだけ過度の筋トレや無酸素運動は抑えるようにしてください。

スポンサーリンク

ジヒドロテストステロン(DHT)を増やさない対策

男性ホルモン(テストステロン)を減らしていくことも大事になってくるのですが男性型脱毛症(AGA)の原因となってしまっているジヒドロテストステロン(DHT)は

5αリダクターゼという酵素が男性ホルモン(テストステロン)とくっついてしまい薄毛や抜け毛の原因となってしまう強力な男性ホルモンになってしまいます。

なので、男性ホルモンを減少させるだけじゃなくて、ジヒドロテストステロン(DHT)を作り出してしまう

5αリダクターゼも出来るだけ抑制していくことが重要で必要になってきます。

5αリダクターゼとはいったいどんなものなのかについてはコチラの記事に書いてあります。

5αリダクターゼの正体と原因!

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らすおすすめの方法は4つ

そこでジヒドロテストステロン(DHT)を減らして行くおすすめの方法が4つあります。

有酸素運動
食事
サプリメント
育毛剤

この4つがとてもおすすめの方法です。

ジヒドロテストステロンを減らす有酸素運動

まずは有酸素運動ですが、運動をすることは健康な身体を作っていくには欠かせない事ですよね。

しかし、いきなりハードな運動をしてしまうと必ずといっていいほど途中で辞めてしまって挫折します。

僕がいい例で、毎回挫折してしまっています・・・

そこで、本当に軽く毎日最低20分はウォーキングをして身体を動かしてください。

こうすることで男性ホルモンのテストステロンが筋肉を作っていってくれます。

テストステロンが筋肉を作ることによって、5αリダクターゼとくっつく量が少なくなり自然とジヒドロテストステロン(DHT)が少なくする事ができます。

有酸素運動が抜け毛に効果がありおすすめの運動についてはコチラの記事に書いてあります。

有酸素運動の効果とおすすめは!

ジヒドロテストステロンを減らす食事

次は食事ですが、抜け毛予防や対策として色々なおすすめの食事や食べ物について書いてきました。

髪の毛が生えるのに効果的な食べ物

5αリダクターゼを抑制するのに効果的な食事もあるのです。

そのおすすめ食事というのが、イソフラボンを含むもの亜鉛を含むものです。

イソフラボンも亜鉛も5αリダクターゼを抑制する効果が高い食べ物なのです。

代表的な食べ物としては

イソフラボンは、豆腐や納豆などの大豆類

亜鉛は、牡蠣や黒ごまなどに多く含まれていて摂取しやすいです。

亜鉛の効果とおすすめの食べ物についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

亜鉛の効果と多く含む食べ物!

ジヒドロテストステロンを減らすサプリメント

サプリメントなのですが、5αリダクターゼを抑制するのに効果があるサプリメントとして

フィナステリド
ノコギリシア

この二つがあります。

フィナステリドは、皮膚科専門のクリニックなどで処方されるもので男性型脱毛症(AGA)にはとても効果があるとされています。

そして、このフィナステリドもノコギリシアも前立腺肥大症という病気を治す為に使われていたもので

なぜ前立腺肥大症と薄毛や抜け毛が関係あるのかというと、この前立腺肥大症も5αリダクターゼが原因の一つとされていたからです。

この5αリダクターゼを抑制するのに使われて効果が高かったからです。

ジヒドロテストステロンを減らす育毛剤

ジヒドロテストステロンを減らす育毛剤は、5αリダクターゼの分泌量を抑えていってくれる

オウゴンエキス
チョウジエキス
ヒオウギ抽出液

などの成分が含まれている育毛剤です。

育毛剤でも男性型脱毛症(AGA)を治して改善していくことが出来るので詳しくはコチラです。

AGAを予防していく育毛剤とは!

まとめ

薄毛の原因となる男性ホルモンを減らす方法でおすすめはについて書いていきました。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼとくっついて、薄毛や抜け毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出しています。

なので、テストステロン(男性ホルモン)を過剰分泌させない為の対策方法として

ストレスを溜め込まない
脂っこい食べ物ばかり食べない
過度の筋トレをしない

5αリダクターゼを抑制していくのにおすすめな対策方法として

有酸素運動
食事
サプリメント
育毛剤

なので、毎日の生活の中に取り入れていくことが大事ですし健康な身体を作っていくことが出来ます。

男性型脱毛症(AGA)は髪のサイクルが乱れてしまっているだけで、髪の毛は残っているのを知っていることについてはコチラの記事に書いてあります。

男性型脱毛症はハゲではなく髪の毛はある!

筋トレをして体を鍛えるとハゲやすくなってしまうっていう噂は本当なのかについてはコチラの記事に書いてあります。

なぜ筋トレするとハゲが進行するのか!

スポンサーリンク

薄毛の原因をしっかりと抑えて改善していき、頭皮の血行を良くして髪を太く育てていってくれる育毛剤の中でも特におすすめの育毛剤ランキングについてはコチラに書いてあります。

ikuouzaibestbotan8-1


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ