アミノ酸シャンプーの界面活性剤に種類がある!3つの違いとは

こんにちは、ライフです。

 

アミノ酸シャンプーは他のシャンプーと
違って頭皮や髪の毛に優しいシャンプー
だと言われています。

 

アミノ酸シャンプーの特徴といえば
使われている界面活性剤が他のシャンプー
と違っているからですが

 

そのアミノ酸シャンプーに使われている
界面活性剤にも3つの種類があるので
その違いについて調べてみました。

 

アミノ酸シャンプーが髪に優しい理由

kaimenkasseizai20-1

 

アミノ酸シャンプーが頭皮や髪の毛に
優しくておすすめだと言われている理由は

 

シャンプーに使われている界面活性剤が
アミノ酸系で作られているからです。

 

どうしてアミノ酸系で作られている
界面活性剤が頭皮や髪の毛に優しい
のかというと

 

髪の毛の成分や体の成分として
とても大切なタンパク質がアミノ酸が
いくつも集まって作られているからです。

 

タンパク質とアミノ酸の関係や
界面活性剤についてはコチラの記事に
詳しく書いてあります。

アミノ酸シャンプーの効果とおすすめの理由

 

シャンプーを作って行く時に必ず必要に
なってくる界面活性剤がアミノ酸系で
作られているからアミノ酸シャンプーが
頭皮や髪の毛に優しいのです。

 

界面活性剤の3つの種類

 

アミノ酸シャンプーが頭皮や髪の毛に
優しい理由は、使われている界面活性剤
に秘密があるのがわかってもらえたと
思いますが

 

実はこのアミノ酸シャンプーに使われて
いる界面活性剤には3つの種類があって
それぞれに違いがあるのです。

スポンサーリンク

何?
界面活性剤にも種類があるの?
と思われるかと思いますが

 

陰イオン性界面活性剤
陽イオン性界面活性剤
両イオン性界面活性剤

 

この3種類の界面活性剤があるのです。

 

陰イオン性界面活性剤

 

まずは陰イオン性界面活性剤ですが
これは水に溶けた時にマイナスの物質
になる界面活性剤です。

 

陰イオンというのは
アニオン(マイナスイオン)とも言われる
こともあってアニオン性界面活性剤とも
言われます。

 

この陰イオン性界面活性剤はマイナスの
物質なので、それとは逆のプラスの物質
を多く引き寄せる事ができます。

 

プラスの物質って何って思われますが
プラスの物質とは皮脂やフケなどが
プラスの物質なので

スポンサーリンク

より頭皮や髪の毛の汚れを落としてくれる
洗浄力の強い界面活性剤です。

 

陽イオン性界面活性剤

 

次は陽イオン性界面活性剤ですが
これは水に溶けるとプラスの物質になる
界面活性剤で

 

陽イオンとはカチオン(プラスイオン)
とも言われる事があり
カチオン性界面活性剤とも言われます。

 

これはマイナスとは違いプラスの物質
なのでマイナスの物質を惹きつけるの
ですが

 

マイナスの物質というのは髪の毛が
マイナスの物質なのでより髪の毛に
浸透しやすい界面活性剤です。

 

その分少し洗浄力は落ちますが
プラスとマイナスなので電気を溜める
ことがないので静電気が起こりにくい
髪の毛になります。

 

殺菌効果も大きいのが
陽イオン性界面活性剤です。

 

両イオン性界面活性剤

 

3つ目は両イオン性界面活性剤です。

 

これは名前の通り両方のイオン
プラスとマイナスを持っている物質で
洗浄力もあり髪の毛のコーティングも
してくれる界面活性剤です。

スポンサーリンク

シャンプーに使われるよりもコンディショナー
に使われる事が多い界面活性剤ですね。

 

まとめ

 

アミノ酸シャンプーの界面活性剤にも
種類がある、3つの違いとはについて
書いていきました。

 

アミノ酸シャンプーが頭皮や髪の毛に
優しいのは使われている界面活性剤が
アミノ酸系で作られているからで

 

その界面活性剤にも3つの種類があって
それぞれによって違いがあるのです。



気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ