塩シャンプーを使う頻度は毎日?注意しなければいけない事!

こんにちは、ライフです。

 

頭皮に優しく色々な頭皮トラブル
を改善してくれる塩シャンプー

 

塩シャンプーは普通のシャンプー
のように毎日使ってもいいのか
使う頻度はどれくうらいがいいのか

 

そして塩シャンプーを使う時に
注意しなければいけない事は
あるのか

 

塩シャンプーの頻度や気をつけなくては
いけない事について調べてみました。

 

塩シャンプーは毎日使っても大丈夫か

sioshamp9-1

 

頭皮トラブルを少なくしてくれて改善
してくれると言われて今人気になって
いる塩シャンプー

 

特に頭皮のイヤな臭いを改善して
くれると言われています。

 

塩シャンプーの効果については
コチラの記事に詳しく書いてあります。

塩シャンプーの3つの効果とは!

 

そんな人気で話題の塩シャンプー
ですが使った事がない人にとっては
毎日使ってもいいのか疑問ですよね。

スポンサーリンク

そこで塩シャンプーを使う頻度なのですが
基本的には普通のシャンプーのように
毎日使ってもらっても大丈夫です。

 

塩シャンプーがシャンプーの変わりに
なっていますので

 

しかしいきなり毎日使うのは抵抗が
あったり自分の肌にあっているのか
わからなかったりするので

 

最初は週に1~2回塩シャンプーを
使ってもらって日を決めて普通の
シャンプーと交互に使ってもらって

 

それで効果が出てくればそのままの
頻度で使ってもらってもいいですし
使う頻度を多くしていくのが僕は
おすすめだと思います。

 

気をつける注意点

 

そして一番気になってしまうのが
塩シャンプーを使う時に注意
しなくてはいけない事ですが

市販のリンスは使わない
頭皮がしみる時は使わない
痒みや湿疹が出た時は使わない

 

これが気をつけてほしい注意点です。

 

市販のリンスは使わない

 

まずは市販のリンスは使わない事で
塩シャンプーは頭皮の皮脂を
取りすぎない為にも使用します。

 

つまり洗浄力が弱く頭皮に優しい
のが塩シャンプーなので

 

せっかく塩シャンプーを使っても
その後に市販のリンスを使って
しまうと

 

リンスにもシャンプーと同じように
界面活性剤が使われているので
塩シャンプーの効果が減少して
しまいます。

 

塩シャンプーの後にオススメは
酢リンスで効果や作り方については
コチラの記事に

酢リンスの効果とオススメの酢は!

 

頭皮がしみる時は使わない

 

次は頭皮がしみる時ですが
これは頭皮に傷がある時などです。

スポンサーリンク

塩シャンプーは簡単にいうと食塩水
なので、傷があるとその傷に塩が
入ってしまって

 

しみてしまったり痛い時があるので
傷口に塩をつけてしまうのと同じ
状態になってしまうので注意して
ください。

 

痒みや湿疹が出た時

 

最後はかゆみや湿疹が出てしまった
時は塩シャンプーを使うのをやめて
ください。

 

塩シャンプーは頭皮に優しいと
言われていますが、肌の状態は
人によってそれぞれ違うので

 

塩シャンプーが肌や頭皮に合わない
っていう人もいますので痒みや
湿疹が出た時はすぐに使うのを
やめてください。

 

頭皮トラブルを悪化させてしまいます
からね。

 

頭皮湿疹の症状や種類については
コチラの記事に書いてあります。

頭皮湿疹の3つの種類と症状

 

塩の濃度が濃い場合もあるので
その時は入れる塩の量を減らして
みるのも一つの方法です。

 

まとめ

 

塩シャンプーを使う頻度は毎日?
注意しなければいけない事
について書いていきました。

 

頭皮に優しくてトラブルを改善して
くれる塩シャンプー

 

毎日使っても大丈夫なのですが
頭皮に異常を感じた時は肌にあって
いないので使うのをやめてください。

スポンサーリンク

頭皮や肌の状態は人によって
それぞれ違いますからね。

 

それを知るためにもいきなり毎日使う
のではなく市販のシャンプーと
交互に使っていくのがいいですね。

 

塩シャンプーの作り方と使い方に
ついてはコチラの記事に書いて
あります。

塩シャンプーの作り方と使い方は!



気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ