白髪が増える原因に紫外線の3つの影響!頭皮や髪を守る対策!

sigaisensiraga5-1

こんにちは、ライフです。

白髪が増える原因に紫外線の影響もあるのを知っていましたか

白髪というと、ストレスっていうイメージが大きいですが、実は紫外線によって、髪の毛に色をつけていくメラニン色素が減少してしまって、白髪が多く作り出されてしまうのです。

そこで、紫外線の影響によって、メラニン色素が減少してしまい白髪が増えてしまう3つの原因について書いていきます。

しっかりとした紫外線対策をとって、頭皮や髪の状態が悪くなり、白髪が増えるだけじゃなくて、抜け毛や薄毛も増えてしまうので注意してください。

それだけ、紫外線の影響っていうのは、想像以上に大きなダメージを与えてしまいますから、しっかりと頭皮や髪を守っていく予防対策が必要になってきます。

スポンサーリンク

紫外線によって白髪が増える3つの原因

髪の毛の天敵といえば紫外線ですよね

外に出るとイヤでも浴びてしまう紫外線

紫外線が悪いっていうわけではなく、浴びてしまう紫外線の量が多くなってしまうと、髪の毛や頭皮に大きな影響を与えてしまい

髪にダメージを与えてしまったり、頭皮の状態を悪くしてしまい、髪を育てていくヘアサイクルが乱れてしまったりして抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

紫外線の浴びすぎによって、抜け毛や薄毛が増えてしまう原因については、コチラの記事に書いてあります。

抜け毛が増えてしまう紫外線の影響!

そんな厄介な紫外線ですが、実は抜け毛や薄毛だけじゃなく、白髪も増やしてしまう原因を作り出してしまうのです。

そこで、紫外線によって白髪が増えてしまう3つの原因として

活性酸素が増えてしまう
毛母細胞が乱れる
メラノサイト(メラニン細胞)が壊れてしまう

この3つのことが大きな原因になって、髪に色をつけていくメラニン色素が減少してしまい黒髪が作れなくなって白髪が増えていってしまいます。

日本人の髪が黒いのは、メラニン色素が髪に色を付けてくれているからで、そのメラニン色素は髪が成長していく時に、髪の中に自然と送り込まれていくようになっています。

メラニン色素とは何か、どうして日本人の髪が黒色になって生えてくるのかなどはコチラの記事に詳しく書いてあります。

白髪の原因となるメラニン色素不足と黒髪の関係!

紫外線で白髪が増える原因①活性酸素が増えてしまう

紫外線で白髪が増える原因になる活性酸素が増えてしまうっていうのは

紫外線を浴びてしまうと、紫外線から頭皮や皮膚などの色々な細胞を守るために、体内で活性酸素が多く作り出されます。

この活性酸素が増えてしまうと

頭皮のコラーゲンが多く壊されてしまう
メラニン色素の原料となるチロシナーゼが減少してしまう

などのことが起こってしまい、これが原因となって白髪が増えてしまいます。

頭皮のコラーゲンが多く壊されてしまう

頭皮のコラーゲンが多く壊されてしまうっていうのは、頭皮の皮膚の中にはコラーゲンが多く含まれています。

このコラーゲンがあることによって、頭皮を柔らかく柔軟にしてくれているのですが、このコラーゲンが活性酸素によって多く壊されてしまうと頭皮が硬くなってしまいます。

頭皮が硬くなってしまうことによって、頭皮の血行が悪くなり、メラニン色素を作り出していくメラノサイト(メラニン細胞)の働きが悪くなってしまい、メラニン色素が不足して白髪になってしまいます。

メラニン色素の原料となるチロシナーゼが減少してしまう

メラニン色素の原料となるチロシナーゼが減少してしまうっていうのは、メラニン色素はメラノサイト(メラニン細胞)の中で、チロシンやチロシナーゼといった栄養素がくっつくことによって作り出されていきます。

そのチロシナーゼが活性酸素によって減少してしまったり働きが悪くなってしまうと、チロシンとくっつかなくなってしまって、メラニン色素自体を生み出していかなくなってしまって白髪になっていってしまいます。

ストレスが原因で白髪が増えてしまう原因の一つにも、ストレスによる活性酸素の大量発生があるので、それと同じような状態になっていってしまいます。

ストレスが原因で白髪が増えてしまうことについてはコチラの記事に書いてあります。

ストレスがもたらす3つの原因で白髪が増える!

紫外線で白髪が増える原因②毛母細胞が乱れる

紫外線で白髪が増える原因になる毛母細胞が乱れるっていうのは、毛母細胞というと毛乳頭から栄養を受け取って、髪の毛を育てていくのに必要不可欠な細胞です。

毛母細胞が分裂するときに、メラノサイト(メラニン細胞)と結びついて、メラニン色素を髪の毛に入れていくのですが

毛母細胞が分裂が出来なくなってしまうと、メラノサイト(メラニン細胞)と結びつくことが出来なくなってしまってメラニン色素不足で白髪が増えていってしまいます。

紫外線の影響によって、活性酸素が増えてしまうことによって、コラーゲンが不足してしまったりして頭皮が硬くなり、頭皮の血行不良が起こってしまいます。

それが原因となってしまい毛母細胞にしっかりと栄養素を届けることが出来なくなってしまい、毛母細胞の細胞分裂が悪くなってしまったり、乱れてしまったりしてしまいます。

スポンサーリンク

紫外線で白髪が増える原因③メラノサイト(メラニン細胞)が壊れてしまう

紫外線で白髪が増える原因となるメラノサイト(メラニン細胞)が壊れてしまうっていうのは、このメラノサイト(メラニン細胞)は、紫外線を大量に浴びてしまうと機能が低下してしまって壊れた状態になってしまいます。

よく紫外線を大量に浴びてしまうと、髪の毛が日焼けしてしまって茶色っぽくなってしまいますよね

あれは、紫外線によってメラノサイト(メラニン細胞)が壊れてしまって出てきてしまう現象
なのですが

メラノサイト(メラニン細胞)が機能しなくなってしまうと、メラニン色素自体が作り出せなくなってしまう

ので、髪の毛に色をつけていくことが出来なくなり髪の毛が白髪になっていってしまいます。

これら3つのことが紫外線を多く浴びてしまうことによって起こってしまい、メラニン色素が減少してしまって白髪が増えていってしまいます。

紫外線以外にも白髪が増えてしまうメラニン色素が不足してしまう大きな原因になっている7つのことについては、コチラの記事に書いてあります。

白髪が増える原因に多い7つのこと!

紫外線対策で頭皮や髪を守り白髪を増やさない方法

紫外線を大量に浴びてしまうことによって、髪の毛に色をつけていくのに必要なメラノサイト(メラニン細胞)やチロシナーゼの働きが悪くなって

メラニン色素自体が作り出されていかなくなってしまって、黒髪が作れない白髪が増えていってしまいます。

なので、紫外線対策は抜け毛や薄毛予防と同時に白髪対策にもとても大きな影響があるので注意してください。

そこで、しっかりとした紫外線対策が必要になってくるのですが

紫外線というと、夏っていうイメージが強いですがもっとも紫外線が強い時期は6月からです。

なので、本格的に紫外線が強くなってくる6月から

外出する時は、帽子をかぶったり日傘をさす
活性酸素を増やさない食べ物を食べていく
睡眠をしっかりととっていく

などの紫外線対策をしていってください。

おすすめの紫外線対策などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

紫外線から髪や頭皮を守る方法!

紫外線以外にも白髪対策としてメラニン色素を上手く作り出していくのに効果ある食べ物などについてはコチラの記事に書いてあります。

白髪対策に良いメラニン色素を増やす食べ物

白髪から黒髪に戻していく為に心がけてほしい生活習慣の見直しや対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

白髪を黒髪に戻していく為のケア対策方法!

まとめ

白髪が増える原因になる紫外線の3つの影響!頭皮や髪を守る対策!について書いていきました。

紫外線は浴びすぎると本当に、光老化という肌や頭皮や髪の老化を早めてしまいます。

それが抜け毛や薄毛、そして白髪の増加に繋がっていってしまうので、ついつい忘れがちのなってしまいますが

紫外線対策をしっかりとしていって、健康な髪や黒々とした髪を守っていってくださいね。

紫外線対策にもなるお湯で洗髪をする湯シャンについてはコチラの記事に書いてあります。

湯シャンで白髪を減らす方法!

白髪を増やさない予防していく対策方法として取り入れていってほしい5つの対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

白髪を作らない5つの予防対策方法!

10代や20代などまだ白髪が増える年齢ではないのに、若白髪が多い時に若白髪を減らしていく対策や増やさない予防対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

若白髪を改善して予防する対策!

スポンサーリンク


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ