白髪染めを使う時に注意したい事や頻度とは!髪や頭皮を守る!

こんにちは、ライフです。

白髪が目立つようになってきて
しまった時に白髪染めを使て白髪を
目立たないようにしようとします。

そんな白髪染めを使っていく時に
いくつか注意してほしい事や
使っていく頻度はどれくらいが
いいのかなど気になることに
ついて調べてみました。

何も気にせずにいきなり白髪染めを
使ってしまうことによって髪や
頭皮などにトラブルを起こして
しまうことがあったり

薄毛や抜け毛などの原因になって
しまうこともあるので注意して
ください。

白髪染めで注意したいこと

siragazomechuuiten17-1

人によってはまだ若いのに白髪が
出てきてしまう若白髪や多くの人は
30才を過ぎたくらいから出始めて
しまことが多い白髪

スポンサーリンク

2~3本ならば特に目立つこともない
のですがある程度白髪の本数が
増えてきてしまうと目立ってきて
しまいます。

白髪を発見した時は思わず抜いて
しまうことも多いと思いますが
白髪を抜いてしまうと毛穴や頭皮
を傷つけてしまったりしてしまうので
注意しなくてはいけません

白髪を発見した時の対処法について
はコチラの記事に書いてあります。

白髪を見つけた時の対処法は!

そこで白髪染めを使って白髪を
染めていくことも多いと思い
ますが白髪染めを使っていく時に
注意してほしいことがあって

それが白髪染めを使っていくことに
よって皮膚や頭皮がかぶれてしまって
接触性皮膚炎などになってしまう
ことです。

白髪染めは髪の毛を染めていく
ヘアカラーと同じで色々な成分が
含まれています。

なのでその使われている成分が頭皮や
皮膚などに合っていないとアレルゲン
となってかぶれや炎症などを起こして
しまうことがあります。

接触性皮膚炎の原因や症状などに
ついてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮がかぶれる接触性皮膚炎の原因!

それと頭皮トラブルなどが原因となって
薄毛や抜け毛の原因となってしまう
こともあるので気をつけていかなくては
いけません

白髪染めの仕組みとは

白髪を目立たなくするのに白髪染め
を使っていく時に頭皮や皮膚のかぶれ
や抜け毛などに注意しなくては
いけないっていうことについては
わかってもらえたと思います。

スポンサーリンク

ではいったいどうしてそのような
ことに注意していかなくてはいけない
のかっていうと

白髪染めの仕組みとは含まれている
溶剤によってまずは髪の毛を守って
いるキューティクルを開いて剥がして
いきます。

そしてキューティクルを開くことに
よって髪の中にあるコルテックス
というところに溶剤を入れていって
髪の毛を染めていきます。

これは茶髪など髪に色をつけて
行くときと同じような感じの
仕組みです。

髪の断面図やヘアカラーが髪に
与えてしまうものなどについては
コチラの記事に書いてあります。

ヘアカラーで抜け毛に繋がる原因!

パッチテストは必須

白髪染めの簡単な仕組みについては
わかってもらえたと思います。

そこで白髪染めを使っていく時は
頭皮や皮膚がかぶれていってしまう
ことがあるので注意しなくては
いけないのですが

どのような対策をとっていけば
いいのかっていうとパッチテストです。

パッチテストっていうのは白髪染めを
使っていく前にまずは手や腕などに
一度軽くつけてみて皮膚がかぶれ
ないかチェックします。

白髪染めをつけて乾いてから
まずは30分くらい経ってから
皮膚の状態をチェックして
トラブルがなければ今度はその状態
で48時間くらい様子を見ます。

それでつけた場所がかぶれたり
炎症などを起こしていない場合は
白髪染めを使っていってください。

48時間っていうと2日間なので
その間にお風呂などにも入りますが
つけた溶剤が流れないように
絆創膏やパッチテスト用のテープ
などつけておいてください。

染める頻度も大事

パッチテストを行って白髪染めの
溶剤によって頭皮や皮膚がかぶれ
ないかチェックしてから白髪染めを
使っていくっていうことについては
わかってもらえたと思います。

しかしまだ白髪染めを使っていく時
には注意してほしい気をつけて
いってほしいことがあってそれは
使っていく染めていく頻度です。

白髪染めを使っても段々とまた
白髪が目立つようになってきて
しまいます。

スポンサーリンク

なのでまた白髪染めを使っていく
ことになってくるのですが
先ほども書いたように白髪染めは
髪のキューティクルを開いて髪の
中に溶剤を入れていきます。

これは髪の毛にとってはよくない
ことですし頭皮にとってもよくない
ことです。

これらの影響で髪が細くなりやすく
なってしまったり髪がパサパサに
なりやすくなってしまったり

その状態が進行していってしまうと
薄毛や抜け毛などの原因にもなって
しまうので

いつでも白髪が目立たないように
頻繁に白髪染めを使っていきたいと
思ってしまいますが

多くても2~3月に1度くらいのペース
で白髪染めを使っていくように
してください。

まとめ

白髪染めを使う時に注意したい事や
頻度とは!髪や頭皮を守る
について書いていきました。

一度出始めてしまうと結構目立って
しまう白髪

そんな白髪を目立たなくしていく
方法として白髪染めを使っていく
対策もあります。

しかし白髪染めは接触性皮膚炎や
抜け毛や薄毛の原因などになって
しまうこともあるので

使用する前にしっかりとパッチテスト
を行って使っていく頻度もなるべく
少なくしていくようにしてください。

後は白髪を作らないように増やさない
ようにしていく為の予防対策などを
心がけるようにしてください。

白髪予防対策についてはコチラの記事
に書いてあります。

白髪を減らす予防対策方法!


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ