白髪染めを使う頻度や注意する対策!髪や頭皮を守る使い方!

siragazomechuuiten17-1

こんにちは、ライフです。

白髪が目立つようになってきてしまった時に、白髪染めを使て白髪を黒髪に戻して、目立たないようにしようとします。

そんな白髪染めを使っていく頻度やいくつか注意してほしい事があるので書いていきます。

白髪が気になるから、すぐに白髪染めを使っていってしまうと、髪や頭皮などにトラブルを起こしてしまうことがあったり

それが、抜け毛や薄毛などの原因になってしまうこともあるので注意しなくてはいけません

なので、白髪染めを使うのはいいのですが、髪や頭皮を守る対策や使い方が重要になってきます。

スポンサーリンク

白髪染めを使う時に注意すること

人によっては、まだ若いのに白髪が出てきてしまう若白髪や多くの人は30才を過ぎたくらいから出始めてしまことが多い白髪

2~3本ならば特に目立つこともないのですが、ある程度白髪の本数が増えてきてしまうと目立ってきてしまいます。

そんな白髪を発見した時は、思わず抜いてしまうことも多いと思いますが

実は白髪を抜いてしまうと毛穴や頭皮を傷つけてしまったりして抜け毛が増える原因になってしまうことがあるので注意しなくてはいけません

白髪を抜いてしまうと抜け毛が増える原因になってしまうことについては、コチラの記事に書いてあります。

白髪を抜くと抜け毛が増えるって本当か!

白髪を発見した時の正しい対処法については、コチラの記事に書いてあります。

白髪を見つけた時の対処法は!

そこで、白髪染めを使って白髪を黒髪に染めていくことも多いと思いますが、白髪染めを使っていく時に注意してほしいことがあって

それが、白髪染めを使うことによって抜け毛や薄毛を増やしてしまう原因を作ってしまうことです。

白髪染めを使うことによって

接触性皮膚炎などの頭皮トラブルが起こる
髪のキューティクルを剥がす髪のダメージが起こる

ことです。

接触性皮膚炎などの頭皮トラブルが起こる

接触性皮膚炎などの頭皮トラブルが起こるっていうのは、白髪染めは髪の毛を染めていくヘアカラーと同じで色々な成分が含まれています。

なので、その使われている成分が頭皮や皮膚などに合っていないと、アレルゲンとなって、かぶれや炎症などを起こしてしまうことがあります。

接触性皮膚炎の原因や症状などについてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮がかぶれる接触性皮膚炎の原因!

髪のキューティクルを剥がす髪のダメージ

髪のキューティクルを剥がす髪のダメージっていうのは、白髪染めの仕組みとは含まれている溶剤によって、まずは髪の毛を守っているキューティクルを開いて剥がしていきます。

そして、キューティクルを開くことによって髪の中にあるコルテックスというところに溶剤を入れていって髪の毛を染めていきます。

これは茶髪など髪に色をつけて行くときと同じような感じの仕組みです。

この髪のキューティクルが剥がれてしまうことによって、髪は大きなダメージを受けてしまいます。

髪の断面図やヘアカラーが髪に与えてしまうものなどについてはコチラの記事に書いてあります。

ヘアカラーで抜け毛に繋がる原因!

これらのことが白髪染めを使って髪を黒くしていく時に起こりやすくなってしまい抜け毛や薄毛の原因を作り出していってしまうので注意してください。

白髪染めを使うことによって抜け毛や薄毛が増えてしまう原因や対処法などについてはコチラの記事に書いてあります。

白髪染めで抜け毛や薄毛が増える原因とは!

スポンサーリンク

白髪染めを使う前に必ずパッチテストをする

白髪染めを使う時に注意してほしいことについては、わかってもらえたと思います。

そこで、白髪染めを使っていく時は、頭皮や皮膚がかぶれていってしまうことがあるので注意しなくてはいけないのですが

どのような対策をとっていけばいいのかっていうと、パッチテストをすることです。

パッチテストっていうのは、白髪染めを使っていく前にまずは手や腕などに一度軽くつけてみて皮膚がかぶれないかチェックします。

パッチテストのやり方

パッチテストのやり方としては

白髪染めを手や腕に軽くつける

白髪染めをつけて乾いてから、まずは30分くらい経ってから皮膚の状態をチェック

かぶれなどのトラブルがなければ、更に48時間くらい様子をみる

です。

それで、つけた場所がかぶれたり炎症などを起こしていない場合は、白髪染めを使っていってください。

48時間っていうと2日間なので、その間にお風呂などにも入りますが、つけた溶剤が流れないように絆創膏やパッチテスト用のテープなどつけておいてください。

物凄く面倒なパッチテストですが、白髪染めによる頭皮トラブルを回避していくには、とても重要なテストなので必ず行っていってください。

白髪染めを使う頻度

パッチテストを行って、白髪染めの溶剤によって頭皮や皮膚がかぶれないかチェックしてから、白髪染めを使っていくっていうことについてはわかってもらえたと思います。

しかし、まだ白髪染めを使っていく時には注意してほしい気をつけていってほしいことがあって

それは、白髪染めを使って髪を染めていく頻度です。

白髪染めを使っても段々とまた、白髪が目立つようになってきてしまいます。

なので、また白髪染めを使っていくことになってくるのです。

しかし、先ほども書いたように白髪染めは、髪のキューティクルを開いて髪の中に溶剤を入れていきます。

これは髪の毛にとってダメージが大きいですし、頭皮にも悪い影響を与えてしまいます。

これらの影響で髪が細くなりやすくなってしまったり、髪がパサパサになりやすくなってしまったり

その状態が進行していってしまうと薄毛や抜け毛などの原因にもなってしまいます。

なので、白髪染めを使って髪を黒くしていく頻度は、2~3月に1度くらいのペースで白髪染めを使っていくようにしてください。

白髪が気になって頻繁に白髪染めを使いたくなってしまう気持ちは、物凄くわかりますが使う回数が多くなれば多くなるほど、頭皮や髪に悪いダメージを与えてしまうので注意してください。

そして、白髪が増えないようにしていく為に、髪に色をしっかりとつけていくメラニン色素を増やしていく対策をしっかりと行っていくようにしてください。

白髪対策に必須の髪を黒くしていくメラニン色素を増やしていくケア対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

白髪対策に重要なメラニン色素を増やす方法!

いくら白髪染めを使って黒髪にしても、白髪の原因となるメラニン色素不足が改善されていないと、白髪は増えていく一方ですからね。

更に白髪が増えてしまう原因を改善しないで、そのままの状態を続けていってしまうと頭皮の状態がドンドンと悪くなりハゲてきてしまう原因にもなってしまうので、注意してください。

白髪が増えるのは、ハゲのサインでもあるので注意してほしいことについては、コチラの記事に書いてあります。

白髪が多いとハゲない?ハゲる?

まとめ

白髪染めを使う頻度や注意する対策!髪や頭皮を守る使い方!について書いていきました。

一度出始めてしまうと結構目立ってしまう白髪

そんな白髪を目立たなくしていく方法として白髪染めを使っていく対策もあります。

しかし、白髪染めは接触性皮膚炎などの頭皮トラブルや髪に大きなダメージを与えてしまい、抜け毛や薄毛の原因などになってしまうこともあるので注意しなくてはいけません

なので、白髪染めを使う前に必ず、パッチテストを行っていくこと

白髪染めを使っていく頻度は2~3ヵ月に1回のペースにすること

などして髪や頭皮を守っていく使い方をしてください。

後は、白髪を作らないように増やさないようにしていく為の予防対策などを心がけるようにしてください。

白髪予防対策についてはコチラの記事に書いてあります。

白髪を減らす予防対策方法!

まだ若い年齢で白髪が増えてしまう若白髪の原因についてはコチラの記事に書いてあります。

若い年齢で白髪が増えてしまう原因!

白髪対策にもなり髪が細くなってしまうのも防いでいくのに効果ある髪を健康な状態に保っていく為の簡単な3つの対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

髪を太く健康に育てるのに必要なこと!

スポンサーリンク


気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ