女性の薄毛の原因になる女性ホルモンが減少する原因はコレ!

joseihorumogenshougenin6-1

女性の薄毛を増やしてしまう

女性の薄毛を進行させてしまう

大きな原因の一つに女性ホルモンの減少による乱れがあります。

女性ホルモンが減少すると、髪が細くなってしまったり、髪の状態が悪くなったりして

その状態が進行して薄毛へと発展していってしまいます。

そこで、女性ホルモンが少なくなり減少してしまう原因には、どんなことがあるのか

女性の薄毛を改善していく為にも、女性の薄毛の原因になってしまっている女性ホルモンが減少してしまう原因について書いていきます。

女性ホルモンと髪の毛は、とても密接な関係がありますからね。

スポンサーリンク

女性の薄毛の原因になる女性ホルモンの減少

薄毛というと男性に起こりやすい大きな髪の悩みだったのですが

最近では、女性にも薄毛の症状が多く見られる問題になってきています。

そんな女性の薄毛の大きな原因になっているのに女性ホルモンの減少による乱れがあります。

女性ホルモンというと、エストロゲンとプロゲステロンという2種類あり

それぞれが、交互にバランスよく分泌されていますよね。

その女性ホルモンの一つであるエストロゲンが、髪を綺麗な状態にさせてくれたり

しなやかでツヤやコシのある髪を作り出していってくれています。

この女性ホルモンのエストロゲンが少なくなり減少してしまうと、髪の毛は

パサパサな状態になる
切れ毛が多くなる
薄毛になりやすくなる
抜け毛が増えてしまう

などの悪い影響が出てきてしまいます。

髪がパサパサになってしまったり、切れ毛が多くなってしまうのも女性にとっては、とても深刻な髪の問題ですが

もっと深刻な問題なのが、髪が細くなり髪全体のボリュームが無くなってしまい薄毛の進行が進んでいってしまうことです。

女性ホルモンの分泌量が減少する原因はコレ

女性の薄毛の原因になってしまう、女性ホルモンが減少して乱れてしまい

髪に多くの悪い症状が出てしまうっていうのは、わかってもらえたと思います。

そこで、そんな女性の薄毛の原因になってしまう女性ホルモンの分泌量が減少してしまう原因として

加齢によって
ストレスによって
睡眠不足によって
喫煙によって
食事によって
出産によって

などが大きな原因になってしまっていることが多いです。

加齢によって

加齢によって女性ホルモンが減少していってしまうのは、これは全ての女性に起こってしまうことです。

女性ホルモンは、人によっても少し違いがありますが、だいたい10代から多く作り出されて分泌されていきます。

それが、30代後半くらいから女性ホルモンの分泌量が自然と低下してきてしまいます。

一般的な女性ホルモンの分泌量と年齢との関係についてはコチラの記事に書いてあります。

女性ホルモンの分泌量と年齢の関係!

ストレスによって

ストレスによって女性ホルモンの分泌量が減少してしまう原因は、自律神経の乱れからです。

ストレスを多く受けてしまうと、自然と自律神経が乱れてきてしまいます。

自律神経が乱れてしまうと、脳からの伝達命令にも影響が出てきてしまい女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうことがあります。

脳からの伝達命令と女性ホルモンの分泌とどんな関係があるのだろう?って思ってしまいますが

女性ホルモンっていうのは、脳の視床下部という場所から女性ホルモンを分泌させる伝令が出ているのです。

なので、その伝達機能が低下してしまうことによってうまく女性ホルモンを分泌させていくことが出来なくなってしまったりしてしまいます。

スポンサーリンク

睡眠不足によって

睡眠不足によって、女性ホルモンの分泌量が減少してしまう原因になってしまいます。

睡眠中は、女性ホルモンに限らず、成長ホルモンなど色々なホルモンっていうのは、寝ている体が休んでいる状態の時に多く分泌されます。

なので、睡眠不足になってしまっていると、なかなか分泌されにくくなってしまったり

後、睡眠不足はストレスを多く作り出していってしまいます。

そのストレスの増加によって上記で書いたように脳の伝達機能が低下していってしまい女性ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

喫煙によって

喫煙によって、女性ホルモンの分泌量が減少してしまう原因になってしまいます。

タバコなどを吸って喫煙していると、女性ホルモン自体を作り出していく働きが悪くなってしまいます。

それによって、女性ホルモンをうまく作り出していくことができなくなってしまい、分泌量も少なくなってしまいます。

更に、喫煙していると血管が委縮してしまい血液の流れが悪くなってしまいます。

血液の流れが悪くなってしまうことによっても、うまく髪まで女性ホルモンを運んでいくことができなくなってしまいます。

食事によって

食事によっても女性ホルモンの分泌量が減少する原因になります。

偏った食生活やダイエットなどによる過度の食事制限など不規則な食生活を続けていると

自然と女性ホルモンの分泌量が減少していってしまいます。

出産によって

出産によっても女性ホルモンの分泌量が減少する大きな原因になってしまいます。

妊娠している時っていうのは、女性ホルモンはとても多く分泌されているのです。

しかし、出産すると分泌量が一旦少なくなってしまって元の状態に戻ります。

この女性ホルモンの分泌量の急激な変化によって、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

出産後に髪が多く抜けてしまう原因についてはコチラの記事に書いてあります。

出産後に抜け毛が多くなる原因!

これらのことが、女性の薄毛の原因になってしまう女性ホルモンの分泌量が減少してしまう原因として多いです。

女性ホルモンの減少を抑えていく対策やケア方法についてはコチラの記事に書いてあります。

女性ホルモンの減少を抑え増やす対策方法!

まとめ

女性の薄毛の原因になる女性ホルモンが減少する原因はコレ!について書いていきました。

女性ホルモンは、髪の毛を綺麗な状態にしていってくれるとても重要なホルモンです。

女性ホルモンの分泌量が普通の状態だと、しなやかで綺麗で健康的な髪の毛を作り出していってくれるのです。

しかし、女性ホルモンの分泌量が減少してしまい乱れてしまうと、髪の状態がドンドンわるくなり薄毛へと発展していってしまいます。

女性ホルモンの分泌量が減少してしまう原因としては

加齢によって
ストレスによって
睡眠不足によって
喫煙によって
食事によって
出産によって

などのことが多いので注意してください。

女性ホルモンを増やしていくおすすめの食べ物などについては、コチラの記事に書いてあります。

女性ホルモンを増やすおすすめの食べ物はコレ!

髪質が急に変わってしまい髪の状態が悪くなってしまう原因については、コチラの記事に書いてあります。

髪質が変わり髪の状態が悪くなる原因はコレ!

薄毛になりやすい女性に多い注意してほしい特徴などについてはコチラの記事に書いてあります。

薄毛になりやすい女性の人の特徴とは!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ