薄毛を増やす原因になる女性ホルモンの乱れや減少を作る物は!

こんにちは、ライフです。

薄毛を増やしてしまう進行させてしまう
大きな原因の一つに女性ホルモンの
乱れや減少があります。

そんな女性ホルモンを乱してしまったり
減少させていってしまう原因を作り出し
てしまう物はいったいどんな事があるのか

薄毛になっていってしまうのを予防して
改善していく為にも作り出してしまう
原因を知ることが大事になってくるので
色々調べてみました。

女性ホルモンと髪の毛はとても密接
な関係がありますからね。

女性ホルモンの減少と髪

joseihorumogenshougenin6-1

薄毛というと男性に起こりやすい
大きな髪の悩みだったのですが
最近では女性にも多く見られる
問題になってきています。

そんな女性の薄毛が進行してしまう
大きな原因になっているのに
女性ホルモンの乱れや減少があります。

スポンサーリンク

女性ホルモンというとエストロゲンと
プロゲステロンという2種類があって
それぞれが交互にバランスよく分泌
されていますよね。

そのうち一つであるエストロゲンが
髪を綺麗な状態にさせてくれたり
しなやかでコシのある髪を作り出して
いってくれています。

このエストロゲンが女性ホルモンの
乱れや減少によって少なくなって
いってしまうと髪の毛は

パサパサな状態になる
切れ毛が多くなる
薄毛になりやすくなる
抜け毛が増えてしまう

などの影響が出てきてしまいます。

パサパサになってしまったり
切れ毛が多くなってしまうのも
女性にとってはとても深刻な髪の
問題ですが

もっと深刻な問題なのが髪全体
のボリュームが無くなってしまい
薄毛の進行が進んでいってしまう
ことです。

女性の薄毛に多い脱毛症については
コチラの記事に書いてあります。

髪全体が少なくなるFAGAとは!

分泌を低下させている物

女性ホルモンの乱れや減少によって
髪の毛に色々な症状が出てきてしまう
ことについてはわかってもらえたと
思います。

そこでそんな深刻な症状が出てきて
しまう女性ホルモンの乱れや減少を
引き起こしてしまう作り出していって
しまう原因となっているものとして

加齢によって
ストレスによって
睡眠不足によって
喫煙によって
食事によって
出産によって

これらのことが原因となってしまって
いることが多いです。

加齢によって

加齢によってっていうのはこれは全て
の女性の人に起こってしまうことなの
ですが

30代後半くらいから女性ホルモンの
分泌量が低下してきてしまいます。

一般的な女性ホルモンの分泌量と
年齢との関係についてはコチラの
記事に書いてあります。

年齢による女性ホルモンの分泌量

ストレスによって

ストレスによってっていうのは過度の
ストレスを受けてしまうと自律神経が
乱れてしまいます。

それによって脳からの伝達命令にも
影響が出てきてしまうことがあります。

脳からの伝達命令と女性ホルモンの
分泌とどんな関係があるのだろう?
って思ってしまいますが

女性ホルモンっていうのは脳の
視床下部という場所から女性ホルモンを
分泌させる伝令が出ているのです。

スポンサーリンク

なのでその伝達機能が低下してしまう
ことによって上手く女性ホルモンを
分泌させていくことが出来なくなって
しまったりしてしまいます。

ストレスによって部分的に髪の毛が
抜けてしまう円形脱毛症なども
起こしてしまうこともありますからね。

円形脱毛症の原因についてはコチラ
の記事に書いてあります。

円形脱毛症の原因となる4つの事

睡眠不足によって

睡眠不足によってっていうのは
女性ホルモンに限らず色々なホルモン
っていうのは寝ている体が休んでいる
状態の時に多く分泌されます。

なので睡眠不足になってしまって
いるとなかなか分泌されにくくなって
しまったり

後、睡眠不足がストレスを作り出して
いってしまいそのストレスによって
上記で書いたように脳の伝達機能
が低下していってしまいます。

喫煙によって

喫煙によってっていうのはタバコを
吸ってしまことによって血管が委縮
してしまって血液の流れが悪くなって
しまうっていうのもありますが

女性ホルモンを作り出す働きも悪く
していってしまうこともあるのです。

女性ホルモンを上手く作り出せない
と分泌量も低下してきてしまいますからね。

食事によって

食事によってっていうのは食べない
ダイエットを続けてしまっていたり
それとは逆に偏った食事をとって
いたりすると女性ホルモンの分泌
が低下してきてしまいます。

女性ホルモンを上手く作り出して
いってくれる食べ物については
コチラの記事に書いてあります。

女性ホルモンを上手く増やす食事!

出産によって

出産によってっていうのは女性ホルモン
が減少するっていうのではなくて
分泌量が乱れてしまいます。

妊娠している時っていうのは女性ホルモン
が多く分泌されているのですが出産する
と分泌量が一旦少なくなってしまって
元の状態に戻ります。

スポンサーリンク

この時の乱れによって髪が抜けて
しまったりすることがあります。

出産後に髪が多く抜けてしまう原因に
ついてはコチラの記事に書いてあります。

出産後に抜け毛が多くなる原因!

まとめ

薄毛を増やす原因になる女性ホルモン
の乱れや減少を作る物は
について書いていきました。

女性ホルモンは髪の毛にとても大きな
影響を与えてしまいます。

普通の状態だとしなやかで綺麗で
健康的な髪の毛を作り出していって
くれるのですが

女性ホルモンが乱れてしまったり
減少してしまうとその真逆の状態
になってしまったり薄毛が進行して
いってしまうことにも繋がってしまいます。

加齢によって減少していってしまう
のはどうしようもないことですが
それを上手く整えていったりする
ケア対策が必要になってきますし

後は日常生活で出来るだけ乱れや
減少を抑えていかなくてはいけません
その為に作り出していってしまう原因を
知るのに少しでも参考になれば嬉しいです。

女性ホルモンの減少を抑えていく
対策やケア方法についてはコチラの
記事に書いてあります。

女性ホルモンの減少を抑えていく対策!



気になる頭皮ケアに関する記事


・気をつけて頭皮の乾燥に繋がる10の原因

・頭皮の乾燥を防ぐオススメのケア方法

・脂漏性皮膚炎を改善する方法とは

・頭皮が痒くなる原因をチェック

・頭皮ニキビを作ってしまう原因とは

知っておきたい髪の毛に関する記事


・髪の毛を作るのに必要な食べ物とは

・髪の毛がゴワついてしまう原因とは

・抜け毛の兆候になる切れ毛の原因は

・イヤなくせ毛を治していく対策とは

・アミノ酸シャンプーが髪にいい理由


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ